• HOME
  • FASHION
  • オフィスカジュアルだけどインスタ映え、エシカルファッションブランドを紹介!

オフィスカジュアルだけどインスタ映え、エシカルファッションブランドを紹介!

FASHION

バリバリ働くキャリアウーマンのあなた!

綺麗め、しかも環境に配慮された、エシカルファッションブランドでかっこいいキャリアウーマンになりせんか?

現代、女性も働くのが当たり前の日本に。

仕事で、毎日着る服だからこそこだわりたいですよね。

そんな方のために、エシカルブランドからオフィスカジュアルにぴったりの2つのブランドをご紹介します。

 

Allbirds Japan(オールバーズ)

まず一つ目が『Allbirds Japan(オールバーズ)』

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Allbirds Japan(@allbirdsjapan)がシェアした投稿


出典:Allbirds Japan (@allbirdsjapan)

 

サスティナブルやSDGsを重要視しているブランドです。
地球温暖化が進んでいる世の中、その原因をゼロにすることを目標としています。

 

測る、減らす、オフセットする
私たちの目標は、製品のカーボンフットプリント(温室効果ガス)をゼロにすること。そのための計画は、すでに実行に移されています。

まず、製品の素材から廃棄に至るまでプロセスの、カーボンフットプリント排出量を測ります。
次に、天然素材やリサイクル素材などを取り入れて、環境への負担を減らします。
そして最後に、カーボンフットプリントをオフセットして、カーボンニュートラルを達成します。
私たちの究極のゴールは、カーボンフットプリントの排出をゼロにすること。
皆が責任を持って行動することで、人類は持続可能な未来を築くことができるでしょう。

引用:Allbirds Japan公式HP

 

Re:EDIT(リエディ)

二つ目は『Re:EDIT(リエディ)』です。

 

出典Re:EDIT公式HP

 

「強く、気品高く、輝く女性へ。大人のサステナブル・エシカルファッション」をテーマに、幅広いアイテムを取り揃えているブランドです。

 

・美しい地球を守る
(CO2排出量の削減・サスティナブルな原材料・限られた資源を大切に・廃棄しない商品サイクル)

・人を輝かせる
(労働者の安心安全を守る・絆を深める・多様性に対応したパーソナライズサイズ)

・社会問題の解決
(サスティナブル×ロープライス×グッドクオリティの実現・ジェンダーフリー/ユニセックスアイテム)

引用:Re:EDIT公式HP

 

 

サスティナブルを重視している会社は志向が統一されていますね。

環境に配慮しながらおしゃれができる――。
日頃の行動が未来に繋がりますね。

 

エシカルファッションブランドを使用したインスタ映えコーデ

最近の通勤では公共交通機関を使わず、運動がてらウォーキングや自転車で通勤する方が増えています。

そこで、こちらのようなカジュアルな通勤スタイルを取り入れて見てはいかがでしょうか。

 

出典:Allbirds Japan公式HP

 

綺麗めなデザインばかりなのに、エシカルに配慮してるなんて驚きですね。


出典:Re:EDIT(リエディ) OFFICIAL (@reedit_official)

凛としていて、できる系女子のオーラが伝わりますね。

 

出典:Re:EDIT公式HP

 

オフィスカジュアルらしく、シンプルかつ動きやすいシルエットです。

 

エシカルな行動=長く使う

エシカルなものを購入するからこそ、より長持ちして大切にできるよう、お手入れもエシカルにこだわりたいですね。

 

だからこそ、エシカルファッションブランドの服は、ぜひマグネシウムで洗いましょう。

参考:マグネシウムで洗濯する時代!?マグネシウムの効果と商品を紹介♪

 

同じ衣服を長く使うことも、簡単にできるエシカルな行動です。

 

まとめ

 

 

アパレル業界で、サスティナブルな活動、サスティナブルファッションが当たり前になってきていますね。

私も、日常で手にするもの、目につくものがオーガニックや、エシカルに変わってきています。

デザインや金額、重要視するところは人さまざまですが、これからの世界のための行動を私はしていきます。

ぜひ、あなたもエシカルな行動を未来の日本のため、世界のために実行していきませんか。

 

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧