この夏おすすめのエシカルシューズブランド3選

ファッション

この夏は「エシカルブランド」でトータルコーディネート!

kanatta libralyでは、これまで「エシカルファッション」「エシカルアクセサリー」など

人にも環境にもやさしい、エシカルなファッションアイテムを多数紹介してきました。

 

過去の記事

 

でも、「オシャレは足元から」という言葉をよく聞きますよね。

つまり、服もアクセサリーも大切だけど、おしゃれには「靴」も大切!

ということで、今回はエシカルな「靴」をご紹介します。

 

 

そもそも「エシカルシューズ」ってどんなもの?

では、エシカルシューズの特徴を「人」と「環境」の両面から分けてみましょう。

 

「人へのやさしさ」

・生産者や農家と適正な対価で取引をしている(フェアトレード)

・靴が売れるごとに、貧困地域の子供たちへ寄付がされる

・靴を生産する労働者に安心安全な仕事を提供する

 

「環境へのやさしさ」

・皮革などの動物性材料を一切使わない素材を使用

リサイクルラバーやリサイクルペーパーなど、エコ素材を使用

・オーガニックコットンを使用

・天然ゴムを使用

 

ブランドごとに力を入れているポイントは違っており、そこが特徴となっています。

 

 

では、今注目のエシカルシューズブランドをご紹介しましょう。

 

あのエマワトソンがアンバサダー!「Good Guys(グッドガイズ)」

2011年にパリで設立したヴィーガン(完全菜食主義者)シューズブランド「Good Guys(グッドガイズ)」。

皮革などの動物性材料が一切使われておらず、ヨーロッパで作られたエコフレンドリーな素材を使用し、100%リサイクル可能な製品づくりを目指しています。

履き心地も良く、海外ブランドにもかかわらず2万円以下で手に入る点もうれしいところ。

映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役を演じ、一躍大スターとなったあのエマワトソンがアンバサダーを務めていることでも注目を集めています。

参考URL:https://goodguysdontwearleather.com/

 

出典:Good Guys HP

 

夏といえば!オシャレビーチサンダル「HYAN(ハイアン)」

2015年にハワイのホノルルで誕生したハワイアンビーチサンダルブランド。

地球にやさしい天然ゴムの最高ランクである“5Lラバー”を使用し、ハンドメイドで作り上げられた履き心地も抜群の一足。

「sacai(サカイ)」や「WACKO MARIA(ワコマリア)」など日本のブランドとコラボした商品も発売されています。

参考:https://www.livehayn.jp/

 

出典:ワコマリア新作“レオパード柄”ビーチサンダル&“パイソン柄”シャワーサンダル、ハイアンとコラボ – ファッションプレス

 

日本にもあった!エシカルブランド「Belle&Sofa(ベル アンド ソファ)」

最後は日本発のエシカルシューズブランド「Belle&Sofa(ベル アンド ソファ)」をご紹介します。

 

「足は第二の心臓」

その大切な足を包む「やさしい靴」を作ることをコンセプトに、神戸市で50年以上、靴づくりを続けている老舗メーカーです。

出典:Belle&Sofa

 

特徴は、本革の構造を人工的に再現した「MFレザー」を靴の素材として使用していること。

この素材は、動物保護や自然保護の観点からも注目を集めており「ヴィーガンレザー」とも呼ばれています。

また、靴の裁断後に余ってしまったMFレザーも捨てずに再利用し、カラフルでオシャレなパスケースやポーチなども製作されています。

参考:https://www.belle-co.jp/

 

 

出典:Belle&Sofa

 

まとめ

「素敵な靴は、あなたを素敵な場所へと連れて行ってくれる」

 

映画やドラマでよく聞く台詞ですが、エシカルシューズが素敵な場所へと導いてくれるのは、履いている「わたし」だけではないことが分かりました。

靴を作る過程で使用された自然も、靴を作った人も、その後の環境も、すべてを素敵な場所へ導いてくれます。

あなたも、エシカルシューズを履いてお出かけしませんか。

 

 

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
女性が輝くコミュニティ創りに興味がある方は、kanatta salonへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧