古着リメイクブランド「77circa(ナナナナサーカ)」がスゴイ!

ファッション

日本のレディースファッションブランド「77circa(ナナナナサーカ)」の魅力に迫る

 

こんにちは、とりっぴです。

女性は「ファッション」や「ブランド」というワードに敏感な生き物。
私もそのうちの一人です。

流行のファッションや、個性派ファッションなど色々気になりますよね。

最近ではエシカルファッションやサスティナブルな服が注目されている今、
古着リメイクブランド「77circa」に大注目!

地球に優しく、個性的で力強いデザインが多くの女性を魅了しています。

特徴的な名前の由来や、デザイナー森山直樹さんのこだわりなど
「77circa」の魅力をご紹介させていただきます。

 

「77circa」とは?


出典:FASHION PRESS

 

2014年の秋冬に始動。
古着のリメイクを中心としたラインナップや、独特な形や風合いが特徴のブランドです。
古着と既存のアイテムをミックスすることで、過去と現代を中和させるような独自のコレクションを展開しています。

ブランド名にある「circa(サーカ)」は「約、およそ」を表すラテン語。
デザイナー森山直樹さん自身が1977年生まれで、ブランドに関わる人々はその前後に生まれた人が多いことから、このブランド名がつけられています。

「セブンティセブン」でも「セブンセブン」でもなく、「ナナナナ」と呼ぶことにしたのは、特に意味はなく語呂が良かったからだそうですよ(笑)
とってもユニークで特徴的な名前ですよね!

新しい洋服のブランドとして、加工などでは出せない古着ならではの風合いや、一点物的面白さを楽しめるのが「77circa」の魅力です。

 

デザイナー森山直樹さんのこだわり


出典:HOUYHNHNM

 

新品も好きだけど、古着にしかない風合いが大好きで、10代からヴィンテージを買い続けていた森山直樹さん。

「77circa」を始めようとした時、色々なブランドを見たけれど、古着だけで構成しているブランドがないことに気づき、「それなら、古着を使ってトータルで提案できるブランドをやってみよう!」と思ったのがきっかけだそうです。

お店に行った時に、同じアイテムの中でも選択肢があると買い物が楽しくなるように、お客様に選んで買えるという「高揚感」を与えたいという想いで「個体差」にこだわっています。
確かに、ひとつ一つ違う味わいがあると選ぶ時「どれにしようか迷っちゃう〜♪」ってなるのが楽しいですよね!

「古着を使用しつつ、新しいデザイン、シルエット、さらには着心地を生み出しているので、ひとつの洋服として見てもらいたい」という想いから、「リメイク」という言葉を使うことがあまり好きではない森山直樹さん。こだわりがスゴイです!

 

個体差×古着

 


出典:HOUYHNHNM

 

デザインのスタートに性別は関係なく、「こうしたらおもしろいんじゃないか」というアイデアがベースになっている「77circa」

森山直樹さんは古着を眺めているときにアイデアが湧くことが多く、「これとこれを組み合わせたらどうなるんだろう?」というような発想を大事にされています。

試しにつくってみて、イメージ通りの時もあれば、そうではない時もあるそうです。
想像とは全然違う仕上りになったけど、「それはそれで面白い!」と思えるのが、個体差ならではの醍醐味ですよね。

加工などでは出せない古着ならではの風合いや、一点物的面白さを楽しめる「77circa」は同じモノがふたつとありません。
他の人と被りたくない、個性を生かしたい人にもオススメです!

 

まとめ


出典:FASHION PRESS

 

「77circa」の魅力、伝わりましたでしょうか?

他の人と被らないファッションを思いっきり楽しみつつ、古着をリメイクしている「77circa」の服を着ることで、地球に優しいサスティナブルな取り組みに繋がるなんで素敵ですよね!

また、買い物が楽しくなるような「高揚感」を与えたい=「個体差」にこだわるという、デザイナー森山直樹さんの熱い想い。知ればいるほど気になります!

この夏は今までと違ったファッションにチャレンジして、新しい自分を発見してみませんか。
ぜひ、「77circa」をチェックしてみてください。

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
女性が輝くコミュニティ創りに興味がある方は、kanatta salonへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧