• HOME
  • ファッション
  • ジュエリーだけじゃない!着けるエシカル「CITIZEN L(シチズン エル)」

ジュエリーだけじゃない!着けるエシカル「CITIZEN L(シチズン エル)」

ファッション

今、日本で「エシカル」にこだわっている腕時計!それが「シチズン エル」最近よくエシカルという言葉を目にすることが多くなってきました。

 

「エシカル消費」「エシカルファッション」「エシカルジュエリー」は特に見ることが多いですよね。

「kanatta library」でもエシカルを取り上げた記事がいくつもあり、こちら(の記事)ではエシカルジュエリーについて紹介しました

そこでふと気になったことは
「せっかく普段から身に着けるのであれば、エシカル消費に繋がるものの方がいいのでは?」
ということでした。

気になったことはすぐに調べてみると…
ちゃんと出てきました!
ジュエリーとはまた違った普段からオシャレとしても身に着けるものが!

それは「CITIZEN L(シチズン エル)」という「エシカルウォッチ(=腕時計)」
身近な日本の時計メーカー、シチズンから「エシカル×時計」のコンセプトで出ていたんですね。
エシカルな時計ってどういうものか気になっちゃいませんか?

そこで、今回は「エシカル×時計」にフォーカスしながら「CITIZEN L(シチズン エル)」のオススメポイントをまとめていきたいと思います。

 

ポイント1:環境に貢献できる?腕時計

シチズン エルではあらゆる光で時計を動かすため、地球や人にやさしいものとなっているようです。

また電池を使い捨てないため、エコな上に廃棄電池を出さないのだとか。
世の中のエネルギー消費を抑えたり、ゴミで地球を汚さなかったりと着けているだけで実は貢献できるようになっています。

 

ポイント2:「使っている」ものが見える!

 

シチズン エルではエシカルコミットメントがあるようで、

「製品成分表の公開」
「CO2排出量の公開」
「DRCコンフリクト・フリーを宣言」
「取扱説明書のスリム化」
「サスティナブルな時計パッケージ」

の5項目が掲げられています。
これは「エシカルウォッチ」としてのこだわりが伺えますよね。

どういうものから作られているかを製品成分表により明らかにした上で、紛争鉱物(スズ、タングステン、タンタル及び金)と言われる材料が違法採掘によるものではないことを確認し、作られているようです。

「見えること」で隠す必要のない製品への自信も感じられます。

参考製品成分表URL:https://citizen.jp/l/special/assets/seibun/seibun_EM0327-50D.pdf
(公式PDFへのリンクです。)

 

ポイント3:デザインも多彩で選ぶのが楽しい!

 

「これだけ制約があったらデザインとかあまりオシャレじゃなくなりそう」
と思われる方もいるかもしれません。

では、実際にはどんなデザインがあるのか見てみましょう。

デザインは大きく分けて4つあるようです。

「Ambiluna Collection(アンビリュナ コレクション)」

画像引用元:Ambiluna Collection(アンビリュナ コレクション)

「Arcly Collection(アークリーコレクション)」

画像引用元:Arcly Collection(アークリーコレクション)

「Square Collection(スクエア コレクション)」

画像引用元:Square Collection(スクエア コレクション)

「Round Collection(ラウンド コレクション)」

画像引用元:Round Collection(ラウンド コレクション)

どのラインナップも美しいと感じるものばかりです。
普通の時計にも負けないデザインで、シーンによって使い分けもできそうですよね!
全部欲しくなっちゃいます。

その上、こちらの時計パッケージもオシャレで、他にも使いたくなってしまうものになっています。

一生モノにもなるかも!多彩なラインナップをご紹介!

素敵なデザインの次に気になるのはラインナップや価格帯でしょうか。

「Ambiluna Collection(アンビリュナ コレクション)」

画像引用元:Ambiluna Collection(アンビリュナ コレクション)

「Arcly Collection(アークリーコレクション)」

画像引用元:Arcly Collection(アークリーコレクション)

「Square Collection(スクエア コレクション)」

画像引用元:Square Collection(スクエア コレクション)

「Round Collection(ラウンド コレクション)」

画像引用元:Round Collection(ラウンド コレクション)

価格帯は30,000~100,000円となっているようです。
それぞれのデザインにコンセプトがある中でどれも魅力的です。

ご自身で使うエシカルウォッチとして買うだけでなく、大切な人へのプレゼントとしても良いかもしれません。

相手のことを想いながら、実は地球や環境にも貢献できる贈り物ってかなり素敵だと思います。

 

まとめ

「身に着けるエシカル」ということで、今回はエシカルウォッチの中でも「シチズン エル」にフォーカスをした内容でしたが、いかがでしたでしょうか?

エシカル消費は身近な一歩や小さな一歩がやがて大きな貢献になっていくものだと思います。
何からエシカル消費を始めていいか分からないという方は実用性があって、普段から使うエシカルウォッチをまず手にとってみると良いかもしれませんね。

参考URL:CITIZEN L スペシャルサイト

 

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
女性が輝くコミュニティ創りに興味がある方は、kanatta salonへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧