これからのエシカルファッションに外せないぞ、北欧発ブランド3選

ファッション

北欧発ブランドに大注目!実は◯◯もエシカルファッション

 

こんにちは!美容と仕事が大好き現役ナースのあーみんです!

少しずつ春の気配を感じる日もあり、店頭には春アイテムが多くなってくる頃。
白やパステルカラーの服は安定のかわいさで、毎年買っている方も多いのではないでしょうか。

ところで、以前こちらの記事で紹介したように、ファッション業界では今、「エシカルファッション」の動きが盛んになってきています。


 

今、北欧を中心に、さまざまなブランドが取り入れているようです。
今回はそんなエシカルの中心地、北欧を代表する「エシカルファッション」ブランドを紹介していきます!

 

盛り上がる北欧の「エシカルファッションの動き」

 

 

そもそも、なぜ北欧ではエシカルの活動が盛んなのでしょうか。

そこには、エシカル活動の発端となった「ラナ・プラザ崩壊事故」があります。
この事故はファストファッションが普及する一方、生産者が労働環境が劣悪であったにもかかわらず、見直されなかった結果起きてしまった事故です。

北欧は気候の変動が激しく、環境や気候意識が高い国なので、ファッション業界の「生産しすぎ・消費しすぎ・捨てすぎ」の輪が、地球に負担を与えていることはずっと議論されているようです。

その取り組みのひとつとして、ノルウェーでは、ノーベル平和賞の授賞式が毎年行われる首都オスロの市庁舎で、大規模な「古着交換会」が開催されました。
アメリカ発祥の「ブラックフライデー」に対抗した、「グリーンフライデー」の取り組みです。


 

この取り組みを見てみると、北欧では日本にはないような大規模な取り組みがなされており、
印象的だったのは中学生達が積極的に参加していることです。
年代を問わず、若い世代の方も関心があるという風潮が素晴らしいと思いました!

それでは、エシカルの取り組みが盛り上がっている北欧ブランドを今回は3つ紹介していきます!
皆さんの身近にあるあのブランドもあるかも!

 

北欧ファッションを代表するブランドといえば!「マリメッコ」

 

引用:マリメッコ Marimekko のお洒落な画像まとめ♡北欧♡
 

フィンランド発祥のブランドです!この特徴的な模様、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?
 
“マリメッコとは、独創的なプリントや色使いから世界中で愛されるフィンランドのデザインハウスです。(中略)設立当初から現在に至るまで、マリメッコは一貫したミッションを掲げてきました。時代に流されることのない、機能的でわかりやすいデザイン。 大胆なプリントや色使いを通じて、人々を勇気付け、幸せと喜びをもたらしたいと願い続けてきました。“
Marimekko(マリメッコ)日本公式オンラインストア
 
近年では、エシカルファッションにも力を入れているようですね。
時代の背景に沿って、最新のトレンドとの融合も果たしたデザインを開発しつつ、環境負荷へも配慮したものづくりを推進することを宣言し、エシカルファッションの重要性も訴えています。

歴史 – Marimekko(マリメッコ)の魅力
 
有名で身近なブランドがエシカルについて取り組んでいるのを知ると、
エシカルファッションがそれだけ世界的な取り組みであることがわかりますよね!

そんなマリメッコの洋服って見たことはありますか?一番見たことのあるデザインはあの鮮やかで大柄の花柄ですが、洋服もこんなに素敵なんですよ。

 

引用:Marimekko(マリメッコ)日本公式オンラインストア
 

「H&M」はファストファッションからエシカルファッションへ

 

 

誰もが知っているブランドと言えば、もう一つはここ!

H&Mは洋服の種類がかなり多く、「ザ・ファストファッション」のイメージが強いですが、最近はエシカルファッションにどんどんシフトチェンジしているようです。
公式HPにも書いてある通り、取り組みとしては、アパレル最大のオーガニックコットンの使用を誇っていたり、ポリエステル繊維のためにペットボトルを再利用していることなどがあげられます。
今後もさらにエシカルの活動を拡大していくと表明しています。

H&M JP: ファッションとクオリティを最良の価格でサステイナブルに
 
H&Mはプチプラで有名で、よくInstagramでもコーディネートがアップされています。
ビビットな色合いと豊富なデザインが魅力で、若い世代からママさん世代まで、幅広く愛されているブランドですよね。
私もよく買うので、こんなにエシカルな活動をされていると知って、
これからさらに使っていきたいと思いました。
 
参考:
「H&M」は本当にエシカルファッションなのか?――guardian.uk話題の記事をフォロー!ファッションの新しい潮流「エシカル・ファッション」 ――H&Mはサステナブル | オルタナ -「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

 

実はエシカル!デザイン抜群の「By Signe(バイ・シーヌ)」

 

エコやエシカルファッションと聞くと、何となくですが第一にエシカル、第二にデザイン。の印象はありませんか?

デンマーク発祥のブランド、「BY Signe(バイ・シーヌ)」は、良い意味でエシカルを感じさせないスタイリッシュさを感じるブランドです。
 
“バイ・シーヌはデザインプロセスの透明性を追求したデンマークのサステイナブル・ファッションブランドです。エシカルな生産方法でオーガニックな材料から、正直でミニマリストな普段着を作ることを心がけています。デンマークのスタジオでひとつ屋根の下、企画から発送まで行うことで、プロダクトの向上からサプラインチェーンなどを全てコントロールし、原材料から完成されたものがサステイナブルでエシカルで、自然に優しいものになるように管理しています。“

「エシカルは二の次、デザインが最優先」。なのに”100%エシカル”なデンマークのファッションブランド|GOOD WARDROBE #006
 
アースカラーでシンプルかつ洗練された、大人の女性にぴったりのデザインが多いように感じました。このブランドを着こなして、かつエシカルについてもちゃんと考えられているなんて、それだけで格好良いこと間違いなし!

※こちらのオンラインサイトで購入が可能です。
BY SIGNE

 

まとめ

 

 
エシカルファッションブランドについて紹介させていただきましたが、私はここまで身近なブランドがエシカルに力を入れているとは思いもしませんでした。

日本で店頭に並び、手軽に購入できるブランドもあり、またほとんどのブランドがオンラインでの購入が可能なので、いつでもエシカルファッションにチャレンジできますよね。

日本発のブランドも、もっとエシカルになって「アパレル=エシカル」となるくらい浸透すれば、服を買うだけで地球にとって良いことができている自分になれそう!

この春から、「エシカルファッションな私」にシフトしてみませんか。

 

PICK UP

関連記事一覧