• HOME
  • フード
  • 健康的に痩せる!おすすめの温野菜ダイエットレシピの紹介

健康的に痩せる!おすすめの温野菜ダイエットレシピの紹介

フード

簡単手軽にできる温野菜レシピでダイエット!

社会人になると運動する機会が減り、仕事に追われていると健康管理や体のケアが後回しになったりしませんか。

社会人になりたての頃は、毎日が忙しく、寝る時間が少なくなったり偏食により栄養バランスが崩れた時期もあります。
気がづいたら、お腹周りが気になり、肌の露出が多くなる季節に明らかに自分の体型の変化に気がつきました。

今回はそんな私と同じ状況の人におすすめしたい、簡単手軽に栄養が取れるヘルシーな「温野菜」を紹介します。

簡単にできる「温野菜」は体にいいことづくし!

まず、温野菜がどれだけダイエットに効果的なのか、また疲れ切った体が健康的になるのかをお伝えします!
野菜に熱を加えて食べる「温野菜」の一番のメリットは、かさを減らして一度にたくさんの量の野菜を食べられることです。


野菜は熱を加えると柔らかくなり、本来持っている味や香りが引き出されます。
消化しやすく、冷えた身体を温め血行を良くしてくれるため、疲れているときや風邪をひいたときなどに食べると効果的なのですが・・・熱を加えることによって、「栄養素が壊れてしまう?」と思いがちではないでしょうか?

実は、体内での栄養吸収率をアップできる野菜もあるんです!

例えば、にんじんを生で食べる場合のカロチン吸収率は10%であるのに対し、塩ゆですると47%、油で炒めると80%にまで吸収率が上昇します。
(引用:温野菜と生野菜のメリット・デメリットについて)

つまり、野菜をスープにしたり、電子レンジを使って茹でたりなど工夫をすれば、栄養を逃さずとることができそうですね!
炒めるときに少量の酢を加えると、ビタミンCの破壊を抑えることもできます。
少しの豆知識と工夫で、お手軽に、より野菜の栄養を吸収できそうですね!

コツさえ知れば、超簡単で超おいしい!電子レンジを使いこなそう

さて!早速作ってみましょう・・・とその前に、大切なことを一つ!
それは、温野菜を作るときに最も便利な調理器具、《電子レンジ》についてです。

特に野菜を切ってチンすることって多いですよね??
レンジ加熱は、栄養的にも都合がよく、「ゆでる」よりもビタミンCなどの流出を防ぐことができる優れモノなのです!

しかし、上手に加熱できなくて困っていませんか?
グニャグニャになる、焦げてしまう、火花が散る……など悲惨な話は数知れず!

そこで、レンジでおいしい温野菜を作る際のコツをご紹介します!

まずはじめに、「電子レンジの仕組み」について超簡単にご説明します。
電子レンジは、電磁波の一種である「マイクロ波」が野菜に含まれる水分子を刺激して、水分子が超高速に反転して熱を発生させ、野菜全体をあたためるという仕組みになっています。

それを踏まえた上で、野菜をおいしく加熱するためのポイントは2つ!

1.マイクロ波の特徴を理解すること。
2.加熱により生まれた蒸気を上手に逃がすこと。

これがわかればもうお手の物ですね!

応用でシリコンスチーマーやタジン鍋に野菜を準備し、火にかけたりレンジにかけている間にソースやドレッシングを手作りすると効率がいいですよ!

家でできる!温野菜の簡単レシピ3選!

それでは、知識だけではもったいないので、簡単に実践できるレシピをご紹介します!

まずは蒸すだけ!!お手軽簡単!!!
①重ね蒸し温野菜
いろんな野菜を重ねて蒸した、ダイエットにも人気の温野菜のレシピ。
作り方は簡単で、コンニャクや大根、にんじん、油揚げなどの材料を順番に鍋に重ねて水で蒸し煮にします。
みそやしょうゆなどを混ぜて作ったタレをそえたら完成!簡単!

このレシピでは、油揚げはしっかりお湯でゆでるなどした方がよりヘルシーでダイエットにも効果的なのではないでしょうか?

参考URL
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1900002279/?l-id=recipe_list_detail_recipe

次に紹介する温野菜のダイエットレシピ!
②温野菜サラダとマリネ
2種類のサラダとマリネが簡単に同時に作れます!ダイエットにも人気の温野菜のレシピです。
このレシピなら簡単に作れるので時間がない時にもおすすめです!

参考URL↓
マ・ローニエプロ☆二段調理♪蒸し野菜サラダとマリネレシピ
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390025979/?l-id=recipe_list_detail_recipe

3つ目の温野菜ダイエットレシピが、、、
③温野菜の塩麹(こうじ)バーニャソース

タジン鍋を使うことで簡単にヘルシーな温野菜が楽しめ、ダイエット中の方にも人気のレシピです!
タジン鍋に温野菜の材料を並べ、中火にかけて蒸します。

お好みの固さになったら塩こうじや生クリームなどを混ぜ合わせたソースをそえたら完成。
固い食材だけ先のレンジでやわらかくしておくと、タジン鍋で火にかけたときに均一な火の通りに仕上がります!

バーニャカウダーソースもダイエット中の味気ない味付けから脱却でき、飽きずに続けられそうですね。

参考URL↓
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1280004265/?l-id=recipe_list_detail_recipe

しっかり知識を得て、食事を楽しもう!〜温野菜ダイエットについて〜

ご紹介してきた通り、温野菜にはたくさんの栄養素があり、ビタミンやミネラルが豊富に含まれます。
糖質やタンパク質、脂質などのカロリーがある栄養素が少ないので、ダイエットに人気の食材です!!

生野菜ではなく、歯ごたえの残った温野菜に調理することで満腹中枢が刺激されて満腹感が得られます!

カロリーを制限しつつも満足感のある健康的なダイエット法と言えそうですね。

ほかにも先程もお伝えしたように、温野菜にすることでカサが減るため、生の野菜よりも多くの量を食べることが可能です!
食物繊維などの栄養が豊富な温野菜をたくさんとることでダイエット中でも肌の調子が良くなるなんて一石二鳥!!

そして、温野菜にすることで体が冷えにくいメリットもあるので、体を温めることで痩せやすい体になり、効率のよいダイエットができます!
逆に温野菜だけを食べ過ぎてオイルやタンパク質が不足しがちになるので、バランス良く食べることなどにも注意していきましょう。

まとめ:温野菜で心も身体もホカホカに!

温野菜についてたくさんの知識をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
最後は自分次第、やるかやらないか!
やるなら継続して食事に取り入れていくだけです。
温野菜の種類やドレッシングを変えることで、飽きずに無理することなくダイエットが続けられそうですね。

この冬はぜひ、「温野菜」×「ダイエット」を試してみてはいかがでしょうか?

PICK UP

関連記事一覧