梅雨におすすめオーガニックヘアケア3選

ビューティ
あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは、女性が輝けるしくみとコミュニティを提供する「株式会社Kanatta」のキュレーションサイトです。 注目のイベント情報、SDGs・エシカルといったホットなテーマの最新情報など、あなたのゆめを「Kanatta」にする情報をお届けします。

「梅雨の時期、なかなか髪型が決まらない!」そんなあなたにオススメしたい“オーガニックなヘアケア商品”をご紹介

 

こんにちは。
もうすぐ梅雨になりますね。
梅雨の時期は雨が多くおしゃれをするにも一苦労。
特にヘアセットで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
その原因は湿気と髪のダメージが大きく関わっています。
今回は湿気に強くなる髪へ生まれ変わるヘアケアについて紹介します。

そもそも何でセットしにくいのか?

答えは『湿気』です。
「そんなこと もう知ってる!」と言われそうですね。笑

しかし湿気は湿気でも原因をたどっていくと『髪のダメージ』が大きく影響しているのです。
正確に言うと、髪のダメージが水分を吸収しセットしにくい髪となるのです。

髪表面は、うろこ状のタンパク質で覆われています。
この うろこ状のタンパク質が湿度により開いたり閉じたりしています。
これが髪の内部の成分や水分を保つ役割を果たし、湿気を髪の内部に入り込ませない役割をしているのです。

髪のダメージが大きいと、このうろこ状のタンパク質が剥がれたり、開閉ができなくなってしまいます。
そして頭皮の汗や、空気中の水分を吸収しやすくなり「湿気に弱い髪」となるのです。

つまり湿気の多い梅雨の時期こそ、ダメージケアが必要となってくるのです。

オススメのヘアケア方法

ダメージケアと聞くと短期的に髪をケアしていくことを考える方も多いのではないでしょうか。それももちろん大切です。
しかし、それよりも髪や頭皮を健康な状態にして、よい髪を育てていくことの方が大切です。

オイルなどで直接ケアをしながら、シャンプーや食事を通し長期的に髪と向き合っていくことが重要です。
そして、髪を健康に保つには髪への負担がかからない自然由来のオーガニックのものを使うことをお勧めします。

また普段何気なくしているドライヤーもポイントがあります。
ドライヤーをかける時は、後ろから前へ、髪を流しながら乾かしていきます。
乾かしすぎるとダメージの原因となるので注意が必要です。
また、髪が濡れた状態でブラッシングすると、髪を覆っているうろこ状のタンパク質がはがれてしまう可能性があるので、髪を乾かした後に行うと良いです。

ヘアオイルにもポイントがあります。
ヘアオイルはドライヤーによる摩擦や熱のダメージから髪を守る効果があると言われています。
ヘアオイルをつけるタイミングが重要で、タオルドライ後の濡れた状態の髪につけるのが良いと言われます。
ヘアオイルは髪を保湿し、パサつきや広がりを抑えてくれるというメリットもあります。
湿度が高い日は、お出掛け前につけるのも良いですね。

おすすめヘアケアアイテム

「実際何を使ったら良いの?」と考えた方に。
ここでは髪への負担が少ないオーガニックなヘアケア用品や、スタイリング剤を紹介します。
■ヘアオイル


出典:uka HP

『ウカヘアオイル ウィンディーレディ』
髪の乾燥やパサつく髪への集中ケアにおすすめです。
香りも良いのでお気に入りです。

■頭皮用美容液


出典:uka HP

『ウカリバースセラムフォースカルプ』
美しい髪の毛をつくる頭皮を根本からケアしてくれるアイテム。
乾燥、ふけ、においにも。

■シャンプー・トリートメント


出典:ジョンマスターオーガニック公式オンラインストア

『ジョンマスターオーガニック』
使うごとにツヤ感が増す、オーガニックシャンプーとコンディショナーです。
オーガニックが初めてという方にも使いやすく、おすすめです。

■ワックス


出典:ザ・プロダクトHP

『ザ・プロダクト ヘアワックス』
スタイリングだけでなく、肌やリップ・ネイルに潤いと栄養を与え保湿し、全身をケアできるマルチバーム。
ワックスとしての仕上がりはウェットでまとまりのある質感に。

さいごに

梅雨の時期にはセットがうまくいかない方も、焦らずひとつひとつやっていきましょう。
ヘアケアは長くやるほど、髪が美しくなっていきます。
そして短期的ではなく、長期的に良い髪を育てることが大切です。
梅雨の時期のセットは、特に普段のヘアケアが必要となってきます。
来年も再来年も、ずっと続く美しい髪を育ててきましょう。

PICK UP

関連記事一覧