【20代女性】知らなかったじゃ遅い?!理想のライフプランを実現する為の目標の立て方

ライフスタイルトーク
あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta-libraryは、女性が輝けるしくみとコミュニティを提供する「株式会社Kanatta」のキュレーションサイトです。
注目のイベント情報、SDGs・エシカルといったホットなテーマの最新情報など、あなたのゆめを「Kanatta」にする情報をお届けします。

 

仕事もプライベートも理想を実現させる女性はかっこいい!

こんにちは!
気がつけば今年ももうあと少し!!早いですよね。
去年立てた目標などは達成できましたか?

 

仕事もプライベートも理想を実現させている有言実行の女性はかっこいいですよね!

自分の将来のライフプラン(=未来予想図)を描くのは”あなた”の人生を生きている限り、”あなた自身”に責任があると思います。

理想を描いたことがなかった方やライフプランをどんな風に描くのか少しでも興味を持った方はプライベートも仕事も幸せで理想的なライフプランを今年中に描いていきたいですよね。

 

そもそも私たちはなぜ働くのでしょうか?

人に喜ばれたい、やりがいがある、生活やお金のため・・。
人によって働く理由はさまざまだと思いますし、働く理由は人それぞれでいいと思います。

ただ、生活をしていく上で「経済力」と「時間」は大事です。
働いていても働いていなくても減っていくのはお金と時間なのです。

 

女性のライフイベントについて

女性は結婚・妊娠・出産・子育てといったライフイベントが多いです。

そして女性には見えない期限があり、その期限を自分自身で決めていかなければ、あっという間に人生が終わってしまったなんてことがあるかもしれません。

子育てに関してはパートナーと一緒に協力してできるかもしれませんが、妊娠や出産においては「女性」ではなくてはなりません。

 

マタニティライフを楽しみたい、産まれる間近まで仕事を頑張りたい!などと考えることもあるかもしれません。妊娠・出産し、子育てをするということは生活が大きく変わるということになります。
なので、これまでの自分の時間が、子どもとの時間に必然的に変わります。

もし子育てに追われ、社会復帰や社会との繋がりが減り、交友関係も狭くなってしまった。また、外見に気を使わなくなってどんどん老けてしまった・・・!なんてこと、本当は想像もしてもなかったことかもしれません。

 

ライフプランを決める価値や大事さ

ライフプランとは、将来、いつ・どんなライフイベントを迎えるかを決め、人生の計画を立てることです。

ライフプランを決める上で、ライフワークバランス(生活と仕事の両立)を考えて目標を立てることが大事になります。

 

女性はパートナーができたとしても、自分自身で自立して経済力を持っていることは重要だと感じています。

なぜなら、今や日本においても3人に1人は、離婚しているのがリアルです。

少しネガティブな目線ですが、もし何かあった時に経済力がないということは、大切な人や時間を守れないこともあるかもしれません。

 

女性自身が経済力を持ち、そして欲を言うのであれば、時間に縛られないように働けるスキルを身につけたり働き方に変えていく事をお勧めします。
私たちの親世代とは女性の社会進出に対する考え方が変わってきてバリキャリの女性もいます。
最近では40歳で初産というようなニュースもあったりしますが、経済力があるからこそできることもあるというのは事実です。

また女性が社会進出しているからこそ、育児休暇や時短勤務制度など「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けたくるみん」を取得している会社であるかなども働く会社を決める上で重要になると思います。

引用:厚生労働省:くるみんマーク・プラチナくるみんマークについてより

 

ライフプランの立て方

ライフプランってどうやって立てるのでしょうか?

ライフプランって言っても結婚は28歳までにして、子供は2人くらい欲しいな・・・。なんて思ってるだけでは理想は叶いません。笑

ただがむしゃらに行動していても理想とする方向に行っていなかったら意味はありませんからまずは文字や写真なども使って”見える化”してみましょう!

 

①文字や写真なども使って見える化してみましょう!
いついつこれやりたい、行きたい、こうなりたいには全て期限がつきものです。
両親を海外旅行に連れていきたいと思っても、気がついたら両親は高齢者になっていることも考えられます。

コツとしては、できるかできないかとかではなく、思い切って一番の理想を書いてみましょう!想像するのは自由ですし、誰にも強制強要されるものではないです。
また、自分の年齢や両親、彼氏などの年齢も書くとよりリアルになります。

 

②自分の収入の目標を決める
生きていく上で大事なのは経済力です。
もしもの時に備えていつまでにいくら貯める、これくらいの収入になるようにキャリアアップするなど、具体的に決めていきましょう!
妊娠をきっかけに、資格の勉強をする方も多いので、どんな資格があるのかも見てみるといいかもしれません。
また、パートナーがいる方はパートナーの収入も書いてみるとより明確になります。

 

③ライフプラン通りの人生にすると決めて行動してみましょう!
理想は自分で叶えるものです。よりライフプラン通りの理想に近付くために日々努力をしていきましょう!

理想に向かって仕事もプライベートも充実させている人はきっとイキイキとした自分になれると思います!

 

実際にライフプランニングしてみましょう!

これまでライフプランを決める大事さについてお話ししてきましたが、いろんなライフイベントを経験した方からの実際の体験談やそこからのアドバイスって大事ですよね。

kanatta salonに参加するとライフプランニングについて考えるきっかけができます♪

2019年12月14日(土)14:00から開催されたkanatta salonでは、女性の「生き方」を美しくしたい、自分の人生を生きる女性を増やしたいと活動されている北條久美子さんからライフプランニングの講義を含め、「ライフデザイン」を描くための実習も行われました!
参加者の皆さんとの交流の場もあったので、情報交換や人脈作りなど、イキイキと輝く女性交友の場を広げることもできますよ。

是非、2019年を締めくくる前にkanatta salonでライフデザイン(=未来予想図)を描いて、理想を手に入れる冒険に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

↓↓2019年12月14日(土)14:00から開催されたkanatta salonはこちら↓↓
kanatta × 女子会 × ライフデザイン~一度きりの人生をより輝かせるために~

12月14日(土)14:00〜17:00(※懇親会込み)

◆ゲスト講師
北條久美子さん

≪ご経歴≫
保育士専門の短期大学卒業後に芸能活動を経て1度目の結婚を機に異国のイギリス、ドイツにて約3年半の専業主婦兼学生を経験。帰国後、東京外国語大学のドイツ語学科に編入。
その後、離婚をきっかけに株式会社エイベックスグループホールディングスの人事担当に転身。
その後は研修講師として独立し、企業相手にビジネスマナーを始めとする研修に従事していたが、近年はご自身の経験を活かしライフスタイリストとして、自分らしく笑って生きる人を増やすことをミッションに「ライフデザイン」等のセミナーや執筆活動に力を注ぐ。著書に「仕事が楽しくなる働き方の7マナー」他

 

PICK UP

関連記事一覧