• HOME
  • FASHION
  • 今年のクリスマスプレゼントにおすすめ!「アップサイクル」アクセサリーとは?

今年のクリスマスプレゼントにおすすめ!「アップサイクル」アクセサリーとは?

FASHION

大切な人にも自分にも!プレゼントにぴったりなアップサイクルブランドをご紹介!

 

アップサイクルアクセサリーって?

アップサイクルとは、以前もご紹介させていただきましたが、「サステイナブル」や「エシカル」の価値観から生まれた、アイディアひとつで元々廃棄する予定だったものに新しいデザインやコンセプトを吹き込み、別な価値を持つ新たなものとして蘇(よみがえ)らせることをいいます。
それまでのもの以上の価値あるものを生むというところから、「アップサイクル」と言われています。
過去記事:https://kanatta-library.jp/post-16312/

では、アップサイクルアクセサリーとは何でしょうか?
ここまでの話で想像がつくかと思いますが、廃棄する予定だったアルミ端材やマイクロプラスチック、海洋プラスチックを回収し、アクセサリーに加工したものを言います。

アップルサイクルアクセサリーのデザインはどうなの?という方もいるかと思います。
実は最近かわいいものが増えているんです。

アップサイクルアクセサリーブランドをご紹介!

そんな自分へのご褒美や、大切な彼女や友達にプレゼントしたくなるような、アップサイクルアクセサリーを扱っているブランドをここで紹介させていただきます!

・カエルデザインwithリハス
こちらのブランドは様々な障がいをもつ人たちがパートナーとなって、マイクロプラスチックなどの海洋プラスチックを回収し、アクセサリーに加工しています。
中でもこの時期におすすめなのがこちらのフュージョンマスクチャーム。
とってもかわいいデザインで、マスクのゴムにつけてピアスやイヤリングをつけたようなおしゃれを楽しむことができます。
他にもかんざしやヘアゴムなどもあるので、ぜひチェックしてみてください。


出典:フュージョン マスクチャーム 201110468
2800円(税込3080円)

カエルデザインwithリハス

・ニューズド(NEWSED)
こちらのブランドは、生産背景や廃材の形状・特性など、 素材の持つ「ストーリー」をきちんと捉え、 それを活かした商品開発をしています。
元々の素材が持つ性質にクリエイティヴな遊び心を加え、 丁寧(ていねい)で最小限の加工によって新しい命を吹き込まれています。

こちらの蝶ネクタイ、実は廃車工場で取り外されたシートベルトからできているんです。
素材としての強度もそうですが、光沢感もあり高級感も感じさせられ元々がシートベルトとは思えないくらいとてもおしゃれです。


出典:Seat belt bow tie(Print)
4200円(税込4620円)

ニューズド(NEWSED)

・KiNaKo
こちらは建築資材をアップサイクルしたブランドになります。
このかわいいピアス「ame no shizuku」はタニタハウジングウェアのアルミニウム雨といわれている、「ビルアルミ」の余材を使用しております。
大きくもシルバーで品のあるピアスですね。


出典:ame no shizuku ‐○ /pierce (hook) 
税込1500円

KiNaKo

・HiMARI
こちらは新たな採掘と加工を行わず、デッドストックの宝石を活用してジュエリーを制作するブランドです。
宝石は職人の手によって一つ一つアップサイクルされ、一点もののジュエリーとして蘇っています。

こちらのネックレスも元々デットストックの宝石とは思えないくらいきれいで、とてもかわいいデザインです。


出典:K10YG / Upcycle Diamond Necklace charm
57,200円(税込62,920円)

HiMARI

まとめ

アップサイクルアクセサリーを紹介しました。
調べていて捨てる予定だったものが、こんなにかわいいアクセサリーに蘇るとは私も驚きでした。
「エシカル」を普段のコーディネートに取り入れたり、大切な人へのプレゼントにもいいですね。
何か1つでもアップサイクルアクセサリーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧