普段のファッションにもサスティナブルを!サスティナブルバックの紹介

ソーシャル
あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは、女性が輝けるしくみとコミュニティを提供する「株式会社Kanatta」のキュレーションサイトです。 注目のイベント情報、SDGs・エシカルといったホットなテーマの最新情報など、あなたのゆめを「Kanatta」にする情報をお届けします。

ファッション業界もサスティナブルへの取り組みが加速

 

 

こんにちは、とりっぴです。

街中を歩いていると、もう春物の服が飾られていますね。

 

ファッションにはトレンドがあって、例えば2019年なら「ナチュラルカラー」や「レトロ柄」「セットアップ」が流行りました。

2020年はというと、「ミントグリーン」や「テーラードジャケット」がトレンドアイテムに取り上げられていますが、それとは別に大注目されているのが「サスティナブル(持続可能)」というテーマなんです!!

 

この大きなテーマからナチュラルなテイストがトレンドの流れとしてあるので、シンプルでリラックスムードがポイントになります。

リンネやコットンなどの天然素材、アースカラーなどのナチュラルな色味や自然をイメージしたものが流行るそうですよ!

 

 

 

サスティナブルって何?

 

 

サスティナブルとは、「維持できる、持続可能な」という意味です。

 

そして、ファッション業界でいうとサスティナブルとは、天然素材に頼らないものづくりや、最新のリサイクル技術を用いて廃棄物から新しいアイテムを生み出すこと、そして質が良く長く愛用できるような服を作るなどの取り組みをさします。

 

サスティナブルについての参考記事はこちらです↓

 

サスティナブル花見で、いつもと違う花見を楽しもう

 

 

 

ファッション業界の環境への影響

 

 

ファッション業界は、地球環境汚染に対して石油産業に次いで影響度が高い業種だという説があります。

 

ファストファッションの流行の影響もあって、衣類の年間消費量は年々増えていて、それに合わせて一人当たりの洋服の廃棄量も増えています。

ちなみに、20年前に比べて2倍の洋服が廃棄されているといわれているのです。

 

排気量もそうですが、衣服を作る過程で発生する汚染水や温室効果ガス、衣服に毛や皮を使うために動物を大量の殺処分するなども問題視されています。

 

 

 

ファッション業界のサスティナブルへの取り組み

 

 

ファストファッションデザイナーが自ら環境問題の解決に取り組んでいたり、リサイクル素材や天然素材を活用した衣服をデザインしたり、ファッションブランドが古着販売に乗り出したりと供給側の自発的な行動が多数見られるようになりました。

 

サスティナブルファッションと呼ばれる条件として…

 

アニマルフリー

皮や動物性素材を使わずに作られた製品のことです。

 

オーガニックコットン

農薬、化学薬剤などを使わずに栽培した天然繊維のコットンです。

 

フェアトレード

公平なお金のやり取りをすることで世界中をつなぎ、より良い方向に変える仕組みのことです。

 

リサイクル

着なくなった服やアクセサリーなどを再利用し、また新たな目的を持たせることです。

 

などがあります。

私たちの身近なファッションブランドとして、H&M、無印良品もサスティナブルな取り組みをしているそうですよ。

 

 

 

サスティナブルバックの紹介

 

Stella McCartney(ステラ・マッカートニー)

出典:Stella McCartney(ステラ・マッカートニー)

 

サスティナブルを代表するブランド。

レザーや毛皮を使用せず、レディースウェアの50%以上はリサイクル素材を使用しています。

ステラ・マッカートニーの代表的なバック、ファラベラは全て人工素材で作られていて、裏地にはペットボトルをリサイクルした素材を使用した、オシャレだけではないバッグです。

 

MULBERRY(マルベリー)

出典:MULBERRY(マルベリー)

 

100%サスティナブルなレザーで制作されたバック「ポートベロートート」が登場。

裏地をつけず、縫い合わせには「Epic Ecoverde」と呼ばれる再生ポリエステル繊維が用いられています。

「ポートベロートート」はビニール袋が持つ便利性の高いシルエットを保ちながら、実用性に優れた優雅なトートバッグに仕上げ、いつまでも長く愛用することができる地球環境に配慮したバックとなっています。

 

 

 

普段のファッションから私たちもサスティナブルへの取り組みができる

 

 

普段着ている洋服の素材をオーガニックコットンに変えてみたり、アニマルフリーなバックを使用することで、私たちもサスティナブルへの取り組みができます。

 

また、好きなものを大切に長く使うこともサスティナブルファッションの1つになります。

「流行っているから」「安いから」という基準で物を買うのではなく、「質がいいから長く大切に使えそう」「着てみて心地がいい」と思える感覚を大事にお買い物をしてみるのもいいですね。

 

ぜひ、サスティナブルファッション試してみてください。

PICK UP

関連記事一覧