• HOME
  • ソーシャル
  • 知ると奥が深い!身近な存在「エシカル」な認証マークについて知ろう。

知ると奥が深い!身近な存在「エシカル」な認証マークについて知ろう。

ソーシャル

 

マークをよく見てみよう、身近に広がる「エシカル」な世界!

こんにちは!
暖冬と言われてはいましたが、寒かった冬もやっと終わり、心待ちにしていた春が訪れてきましたね!
春らしい爽やかな贈り物をお友達にと思い、何か良いフレグランスはないかなと探していていると「CLEAN(クリーン)」という商品を見つけました!


出典:CLEAN クリーン

クリーンは、地球環境や地域社会のサスティナビリティの追求、そして社会貢献活動にも重きを置いています。
そのため、クリーンのフレグランスは原料を厳選&最小限にしたミニマリスティックな香水。もちろん、使う人にとって好ましくない材料も排除しているので、化学物質が気になる人にもおすすめです。

 

ところで、クリーンというフレグランスを追求していくと「サスティナブルなフレグランス」という香水だということに気付きました。

「サスティナブルなフレグランス」ってなんだろう、、、
オーガニックやエシカルに興味がある私はどんどんその魅力を追求したくなりました!

その中でも面白いマークを色々と見つけたので、ご紹介致します!

 

「エシカル」につながる認証マークは様々なものがある!

出典:関連する認証ラベル・マーク | 東京くらしWEB

これらをエシカルマークと言います。
それにしても、こんなにたくさんの種類のマークがあるのは驚きです!
私たちは、ものを買ったり、食べたり、使ったり、日々何らかの消費をして生活しています。
例えば、買い物でどれを買うか選ぶときに、価格・品質・安全性の他に、それがどのようにして作られたかといったものの背景や、それを選ぶことで世の中にどんな影響を与えるか、考えたことはありますか?

 

エシカルとは「倫理的」という意味で、「人や社会、環境に配慮した消費行動」のことを「エシカル(倫理的)消費」といいます。

なんだかちょっと難しく感じるかもしれませんが、自分のことだけでなく、自分以外の人や社会、環境のことを「ちょっと考えて」、「ぐっといい未来」に向けて行う消費行動がエシカル消費です。

 

「ちょっと待てよ?これはどこで誰がどのようにして作ったのかな?」「これを選んで消費することは環境に良いことなのかな?」など、立ち止まって考えて選ぶことが大切です。

 

以前こちらの記事でも取り上げましたが、このようなことも「エシカル消費」に繋がります!

毎日の暮らしの中で、できるところから無理のない範囲でエシカル消費を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

大手スーパーではおなじみ?海の生き物の味方「海のエコラベル」


出典:http://msc-japan.blog.jp/archives/18432925.html

 

このようなマーク見たことはありますか?
お買い物をしていても注目をしていない限り気にもかけないですよね!
このマークは『海のエコラベル』(MSC認証漁業)といいます。

 

『海のエコラベル』とは、未来の豊かな海のために考えられたルールを守る漁業のことです。魚を獲りすぎたり環境を傷つけたりせず、ルールを守って漁を行っています。

 

今、世界の漁業の33.1%が持続可能な水準を超えて漁獲されており、海洋生物個体群の規模は、1970年から2012年にかけ、ほぼ半減(49%)しています。

参照:https://www.msc.org/jp/what-we-are-doing/ourapproachJP/oceansatrisk

このようになった原因は、過剰漁獲、違法操業や破壊的な漁業です。
今起こっている現実は、種や生態系の喪失だけにとどまらず、地域社会にも深刻な影響を与えます。

 

そこで私たちがMSC「海のエコラベル」を選ぶことで、海に配慮している漁業を応援できるだけでなく、そのほかの漁業にも同じように取り組んでもらうことに繋がるのです。

 

お買い物する際にこのマークを意識するだけでエシカルな行動に繋がります!

 

「エシカル」×「オーガニック」=GOTS


出典:http://joca.gr.jp/main/organic-cotton-and-gots/

 

いつも着る服こそ「エシカルファッション」に。コットンは日常になじみの深い素材です。
肌着をはじめ、毎日身につける服をエシカルなオーガニックコットンにして、人にも地球にもやさしいファッション生活を始めませんか?

オーガニックコットンは厳しい基準に従って有機栽培される綿花ですが、コンベンショナル・コットン(通常の綿)と比較して農薬や合成肥料の成分が検出されるほどの差はありません。
そこでそのコットンが正しくオーガニックな農法で栽培されたかどうかを確認するため、認証を受ける必要があります。
また、オーガニックの製品についても、
・オーガニックにふさわしい環境に負荷の少ない加工をしたかどうか
・原料のオーガニック繊維が正しく使われたかどうか
これらを確認するため認証を受ける必要があります。

 

そこで、世界的に認められた認証「GOTS」という基準があります!

 

オーガニックの繊維製品の国際認証であるGOTS(グローバルオーガニックテキスタイル基準)とは、繊維製品の製造加工から始まり様々な過程を経て製品が日本に届くまでに関わる全ての工程で、健康面・環境面において、生産者・消費者に信頼できるオーガニックコットン商品であることを証明するための認証を表し、厳しい基準をクリアした証です。
詳しく知りたい方は参考文献をご覧ください!
参考文献:http://joca.gr.jp/gots-detail/

 

もはや生活の一部?「フェアトレード」fair trade は身近なところにある!


出典:https://www.fairtrade-jp.org/

 

まず、Fair Trade (フェアトレード)とは?
そのままの意味合いで公正な取引という意味で、噛み砕いて言うと、発展途上国の貧困な生産者・労働者の生活改善と自立を支援する国際的な運動のスローガンのことです。
このマークは手工芸品や食品などを、適正な値段で生産者から直接購入・販売することを証明しています。

 

例えば、コーヒー、カカオ、コットン製品やスポーツボールなど、私たちが日々消費している商品達は本当にフェアな価値でやりとりされているのか?など、普段考えて購入するのとしないのとでは全く変わってきますよね!

エシカルな考えに変えていくと普段の生活の買い物からも学びが多く得られますね。

 

エシカル思考


「サステイナブル」「エシカル」などよく聞く言葉になったからこそ、環境に対する世界のより具体的な働きを知ることができました!
そしてその知識を知ることで一人一人のエシカルな思考と行動が変わり、そして広がることで世界を救えます!

毎日の選択を少しエシカルに意識すると、より充実した日々が送れるかも?
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

生活の基準を上げるエシカル思考に☆
Facebook
https://www.facebook.com/groups/sdgscommunity/

PICK UP

関連記事一覧