• HOME
  • ビューティ
  • たった3STEP!!手軽に作れるバスボムで極上の癒しをプレゼント☆

たった3STEP!!手軽に作れるバスボムで極上の癒しをプレゼント☆

ビューティ
あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta-libraryは、女性が輝けるしくみとコミュニティを提供する「株式会社Kanatta」のキュレーションサイトです。
注目のイベント情報、SDGs・エシカルといったホットなテーマの最新情報など、あなたのゆめを「Kanatta」にする情報をお届けします。

 

お気に入りのバスボムで極上の癒しを手に入れよう!

最近は寒い日が続いていて、いよいよ冬本番が近づいてきましたね。

寝る前にお風呂に浸かり、体を温めないとなかなか寝付けないという方も多いですよね?
そんなバスタイムを今より癒しの時間にしたいと思ったりしませんか?

ちょっとの工夫で今よりもバスタイムをより良いものにしたいと思っているあなたに、「バスボム」を紹介したいと思います。

引用:https://jn.lush.com/products/bath-bombs

 

バスボムってなに?

バスボム(バスボール)とは、重曹クエン酸の化学反応を利用した固形入浴剤のことです。
また、お湯に浸すとシュワシュワと泡を出すのが特徴でもあります。

お湯が弱アルカリ性になり美肌効果などが期待できます。
CMでも有名な花王の「バブ」もこのバスボムの一種なのです!

バスボムは、LUSHやドラッグストアなど、さまざまなショップで販売されていて、色や香りのバリエーションも多彩で、見ているだけでも楽しく、その日の気分や好みで選べるのが魅力です!

引用:https://jn.lush.com/article/harajuku-bath-bomb-phase2

 

バスボムは簡単に作れちゃう!(準備編)

バスボムの良さは分かるけど、お金がかかるものだし経済的に厳しいな〜!と思った人もいるのではないでしょうか?

実は、バスボムは簡単に手作りでできちゃうんです!!

バスボムを作るために必要な材料は、
・重曹
・クエン酸
・片栗粉
・水(霧吹きに入れて)
だけです!

これらはどれも100円ショップで買えるものばかりなので、手作りであれば、低予算でバスボムが楽しめちゃうんです。

気になる分量ですが、重曹(2):クエン酸(1):片栗粉(1)の割合になるように準備。
バスボムを作る時は、材料の割合が重要なのでしっかり量を図るようにしてください。

好きな色をつけて、見ても楽しいバスボムを作りたい人は、食紅も合わせて買っておくと色のバリエーションが増えて完成時の楽しみが増えます♪

 

バスボムは簡単に作れちゃう!(作り方)

必要な材料が揃ったら、いよいよバスボム作りです!!

 

STEP1 材料をまぜる
ボウルに重曹、クエン酸、片栗粉を入れまぜ合わせます。

 

STEP2 水を加えてまぜる
霧吹きを使って少しずつ水を加えて、混ぜていきます。
水を加えすぎるとお風呂に入れる前に発泡してしまうので、少しずつ加えるようにしてください。
しっとりしてきて、握った時に固められるくらいがベストです♪

 

STEP3 型につめて固める
お菓子の型や、ガチャポンのカプセルを使って材料をしきつめて、固めます。
※型がない場合は、ラップを使って丸くするでも大丈夫♪

食紅で色を付けたいときは、事前に食紅を水で伸ばしておき、STEP1とSTEP2の間で混ぜましょう。

とっても簡単につくれるので、ぜひチャレンジしてみてください♪

 

アロマオイルをプラスしてアレンジを楽しもう!

バスボムは簡単に作れて、バスタイムがさらに楽しみになること間違いなし!

さらにアロマオイルを使い、香りをプラスことでアレンジのバリエーションが広がります!

バスボムにプラスしたいオススメのアロマオイルをシーンに分けて紹介します。(分量はバスボム1個あたりの量です。)

 

①「リラックス」して眠りにつきたい時

「ラベンダー4滴」または、「カモミール・ローマン4滴」がオススメです。
ぐっすり眠りたい時は、「ラベンダー」や「カモミール・ローマン」のやさしい香りがリラックスした状態をつくってくれます。

 

②「リフレッシュ」したい時

「オレンジ・スイート4滴」がオススメです。

はじける「オレンジ・スイート」の香りで、気分も明るく爽快になりますよ。

アロマオイルを入れるタイミングはSTEP1とSTEP2の間で混ぜ入れるようにしましょう♪

アレンジの1つとして、花弁を混ぜ込むと、映画のワンシーンに出てくるような優雅な浴室ができちゃいます♪

 

頑張った自分へのご褒美に極上の癒しをプレゼント!

簡単に作れるバスボムについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

工夫次第ではバリエーションが豊富で、お財布にもやさしく、「作る時」「できたものを見る時」「お風呂に入れる時」と3つも楽しみがあるんです!
その時の気持ちによって気軽に使い分けられる楽しさ、癒しの時間をより手にしやすくなったのではないでしょうか♪

1日頑張った自分にとって、湯船に浸かる時間が至高の時間という方もいると思います。
頑張ったからこそ、ご褒美にバスボムを使って極上の癒しの時間をプレゼント!!

プレゼントとして、とても喜ばれること間違いなしなので、身近なあの人にぜひつくって贈ってみてはいかがでしょうか♪

 

PICK UP

関連記事一覧