肌別で綺麗に、オーガニックオイルで肌悩み解決!

ビューティ

オーガニックオイルとは

こんにちは、えみです。

最近、身の回りのものをオーガニック製品に切り替えています。

 

その中でも特に気になっているのが、

オーガニックオイル。

オーガニックオイルを調べてみたところ、

 

“オーガニックオイルとは、有機栽培の植物が原料になっているオイルです。厳格なオーガニックの基準に基づいて育てられた植物で、合成香料無使用、無着色、無農薬かつ化学的な薬品を一切使用していないため肌に優しいオイルです。アロマテラピーにも多く用いられています。ただ、防腐剤が入っておらず酸化しやすく、揮発しやすいので、保存には十分気をつけたいオイルです。製品にオーガニック認定機関のマークがついているものが、目印となります。”

引用:melby

 

体にも環境にも優しいオイルなのですね。

 

普通コスメとオーガニックオイルの違い

 

 

オーガニックオイルと普通コスメの違いは何でしょうか。

オーガニックオイルは先ほど書いたように有機栽培の植物が原料になっているオイルですが、普通コスメに使われているオイルは石油から取れた「鉱物油」を使っていることが多いです。

 

鉱物油は、石油を蒸発させた物に美容成分を足して作られているため、比較的安価に作ることができます。

一方で、オーガニックオイルは植物を絞って作られ、植物由来のピュアオイルとなるため、価格は上がりますが赤ちゃんから大人まで安心して使うことができます。

 

肌の悩み別おすすめオーガニックオイルブランド

 

スキンケアは毎日使うからこそ、肌にいい物を使いたい!

そこでおすすめしたいブランドが「Herbivore Botanicals(ハービヴォア ボタニカルズ)

 

“Herbivore Botanicals(ハービヴォア ボタニカルズ)は、100%天然由来成分にこだわり、香りも使用感もよく、毎日のお手入れの時間が楽しくなるような高品質な製品を作り続けています。植物や鉱物の力をつかった代替医療の考え方をベースとした処方で、ご使用いただくとその効果を実感していただけると信じています。全ての製品づくりの過程で動物実験は行っていません。すべての製品はヴィーガンです。”

出典:Herbivore Botanicals(ハービヴォア ボタニカルズ)

 

 

エメラルド ディープモイスチャーフェイスオイル 

 

肌の赤みが気になる方へ

 

エメラルド ディープモイスチャーフェイスオイル 6,900円

“必須脂肪酸が豊富で皮膚の炎症を落ち着かせるヘンプシードオイルと、環境ストレスへの抵抗力を高める働きのあるアダプトゲンを含んでいるシイタケエキスやアシュワガンダの根(ウィタニアソムニフェラ根エキス)を配合。”

 

 

フェイスオイル(オーキッド)

 

肌の弾力が気になる方へ

 

フェイスオイル(オーキッド)9,900円

“ハリ・弾力・うるおい不足のお肌に。ハリ・ツヤを与える、100%ナチュラル成分のエイジングケア(*1)オイル美容液。ふっくらとしたハリ・弾力を与え、やわらかく弾む若々しい印象のお肌へ。年齢を重ね、お悩みが増えてきたお肌の方におすすめです。

(*1):年齢に応じた化粧品効能によるお手入れ”

 

 

フェイスオイル(ラピス)

 

水分油分のバランスの崩れがちなコンビネーション肌の方へ

 

フェイスオイル(ラピス)9,900円

“大人のゆらぎ肌に。肌あれを防ぐ100%ナチュラル成分のスペシャルオイル美容液。キメが乱れ荒れがちな肌や、水分油分のバランスの崩れがちなコンビネーション肌の方におすすめ。お肌のベースを強くし、トラブルに負けないお肌に導いてくれます。

甘酸っぱくスパイシーな香り”

 

どのフェイスオイルも見た目がおしゃれでついついお部屋に飾りたくなりますね。

天然成分の優しい香りに包まれて気持ちもリラックスします

 

 まとめ

 

みなさんはどの肌タイプですか?

 

私はコンビネーション肌なのでラピスを使用しています。

オイルなのにスーッと馴染んで使用感もいい感じです。

 

秋は夏に受けたダメージが表に出てくる時期です。

上質なオーガニックオイルを使って早めのケアをしましょう。

 

こちらから購入が可能です。

Herbivore Botanicals(ハービヴォア ボタニカルズ)

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧