• HOME
  • LIFESTYLE
  • 疲れがたまったときに使いたい!【オーガニックお香】4選

疲れがたまったときに使いたい!【オーガニックお香】4選

LIFESTYLE

ライター:国際基督教大学 遠藤理愛

エシカルなお香の魅力に迫る!

最近疲れがたまってきたな、と思ったとき、みなさんはどうやって疲れを癒やしていますか?

テレビを見たり、ストレッチをしたりと、人によってさまざまな方法があると思いますが、実は寝ている間にでもできてしまう方法があります!

それが、「お香」を使ったリラックス法。

お香の香りには疲れを癒やしたり、元気が出たりする効果があるので、冬場に快適なおうち時間を過ごすのにぴったりなんです。

今回は、人にも環境にもやさしいエシカルなお香をご紹介していきます!
 

そもそもお香ってなに?

 

お香(インセンス)とは、香木と呼ばれる木の皮や実、練香などを原料とした芳香(香り)のこと。
粉末状の原料と水、つなぎとなるたぶ粉を混ぜ合わせて乾燥させた、固形のものをさしま
す。
直接火をつけて煙をたくものもあれば、熱で温めて香りをだすタイプ、携帯できるよう常温で香るタイプもあります。

 

 

香木とは、
“自然変異により香りを発するようになった木のこと”。

沈香や白檀など、さまざまな種類があり、なかでも最も希少価値の高い伽羅は日本の戦国武将も好んでたいていたといわれています。
香木以外にも、ラベンダーなどのお花やクローブなどのハーブ類をはじめとする、よりモダンな香りのお香も登場しています。
(出典:香源
 

原料だけでなく形もさまざまな種類がありますが、最も代表的なものは、
・スティック型
・コーン型
・ペーパー型
が挙げられます。

特に仏教では不浄を払う作用があるとされているため、スティック状のお香が仏壇に立ててあるのを見たことがあるのではないでしょうか。

お香は宗教的な儀式で使用されるイメージが強いかもしれませんが、実は普段使いにぴったりなパワーを秘めているんです!

(参照:林龍昇堂香源
 

リラックス効果抜群なお香の魅力とは?

 

 

では、お香にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、お香にはリラックス効果があり、ストレス軽減や良眠が期待できることで知られています。
例えば、寝る前にお香をたいておくことで、副交感神経系が作用し、心地よく眠りにつくことができるそうです。
勉強中や仕事中にたくことで集中力アップにつながることもあるそうですよ。

 

 

シダーウッドなどのウッディな香りは疲れを癒やす効果、ラベンダーなどのフローラルな香りは幸せを感じる効果があるなど、香りによって効果が変わるので、自分の好みや使用場面に合わせて最適なものを選ぶのが大事ですね。

「最近疲れがたまってきたな…」
「今日は長い一日だったな…」
と思ったら、お香をたいて疲れを癒やすのがいいかもしれません。

ほかにも、お部屋の空気を浄化したり、香り付けをしたりするお香もあります。

(参照:ズームmybest
 

おすすめのエシカルなお香特集

このように、たくさんのポジティブな効果が期待できるお香ですが、インターネットで探してみるとさまざまな種類があって、選ぶ以前に途方に暮れてしまいますよね。

そこで今回は、「オーガニック」や「フェアトレード」に特化した、環境にも人にもやさしいおすすめのエシカルなお香をご紹介していきます!

人工的に作られた香りでは再現できない、ナチュラルな香りで体も心も癒やされること間違いなし!
 

1.Neal’s Yard Remedies

 

イギリス発の世界的オーガニックコスメ・ビューティブランド「Neal’s Yard Remedies(ニールズヤード レメディーズ)」。

オーガニック原料を人にも環境にもやさしいサスティナブルな方法で調達し、エッセンシャルオイルやスキンケア製品などを提供する、究極のエシカルブランドです。

その徹底ぶりが評価され、今まで数々の認証を受けてきたほか、ヘルス・ビューティブランドとして世界で初めて100点満点のエシカル認定も受けたそうです!

目印となる「ブルーボトル」を見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

(出典:Neal’s Yard Remedies
 

そんなNeal’s Yard Remediesの100%天然ハーブでできたお香「メディテーションインセンス Early Morning」は、ネパールで手作りされたオーガニックお香。

サンダルウッドやカルダモン、ホーリーバジルを原料としており、リラックス効果が期待できるそうです。

“どこか神聖な、心を整える香りがゆっくりと立ち上り、清々しい気分に。
まるで深い瞑想をしたかのような、穏やかな心地よさに包まれます。”

付属のミニスタンドに立てて火をつければ、約45~60分間香りを楽しむことができます。

ギフト包装されたギフトセット版もあるので、プレゼントにもぴったりのお香ですよ。

(参照:Neal’s Yard Remedies
 

2.Meadows

 

(出典:Amazon Japan
 

続いてご紹介するのは、イギリス生まれのアロマセラピーブランド「Meadows(メドウズ)」。

100%ナチュラルでサスティナブルな原料を使用したアロマオイルやボディケア製品を販売しているエシカルブランドです。

公式オンラインストアには実に20種類以上のお香が並んでいますが、どれを選べばいいか分からない…という方は、8種類の違う香りが楽しめるミニセット「Mini Natural Incense Sticks Fan Pack」がおすすめ!

インドで手作りされた、フェアトレード・オーガニック商品です。

スティック型6本入りのミニパックが8つ入っており、一つひとつ違う効果があるので、気分や使用場面に合わせて好きな香りを選ぶことができますよ。

(参照:Meadows
 

3.Addition Studio

 

(出典:Addition Studio
 

現代的でシックなデザインが魅力的なオーストラリアのエシカル・ライフスタイルブランド「Addition Studio(アディション・スタジオ)」。

ナチュラルで荒削りなモチーフとシックなおしゃれさを融合させた家具やアロマ製品は、まるでモダンアートのようなビジュアルと実用性を兼ね備えているとのことです。

 

(出典:Addition Studio
 

そんなAddition Studioのお香はオーガニック原料にこだわっており、ユーカリやアカシアなど、オーストラリアを香りで象徴したかのようなお香。

天然石を彫刻してできたおしゃれなインセンスホルダーに立てて使うと、香りだけでなく見た目も楽しむことができます。

さらに、Addition Studioの商品を購入すると売り上げの1%が環境保護団体「1% for the Planet」に寄付されるそうです!ぜひチェックしてみてくださいね。

(参照:Addition Studio
 

日本のお香ブランドもチェック!

 

お香は日本でも長い歴史があり、なんと6世紀ごろから仏教儀礼に使われ始めていたといわれています。

595年に沈香木が漂着した兵庫県の淡路島は、現在ではお香の全国生産量1位を記録。国産お香の約7割が淡路島で作られているそうです。

その一つが、1893年創業の老舗「薫寿堂」のお香。今回ご紹介するのは、植物由来成分を100%使用したシリーズ「ハーブセンス」です。

 

(出典:薫寿堂
 

イタリアの認証機関ICEAにより、「オーガニックおよび環境に配慮した継続的な製品」としてオーガニック認証を受けたお香です。

香りは全部で6種類。
疲れを癒やしてくれる「シナモン&ハニー」や元気の出る「ゼラニウム&スターアニス」、集中力を高める「ユーカリ&クローブ」など、使いたい場面に合わせて購入することをおすすめします。

(参照:薫寿堂
 

まとめ

 

 

今回は、人にも環境にもやさしいおすすめのエシカルなお香をご紹介しました。

お香はリラックスする作用があるほか、お部屋の空気をきれいにしてくれたり、消臭してくれたりと、さまざまな魅力があります。

オンラインでも購入可能ですが、まずは一度専門店を訪れて好きな香りを見つけるのもいいですね!

疲れがたまってきたな…と感じたら、お香をたいてゆっくりおうち時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧