• HOME
  • フード
  • 朝食に食べるだけ!バランス栄養食「オートミール」で健康的にダイエット!

朝食に食べるだけ!バランス栄養食「オートミール」で健康的にダイエット!

フード

食べるかどうかで大違い!朝食を食べて健康的なダイエット

秋は、「食欲の秋」と言われるように、秋刀魚や栗、竹の子、サツマイモ など旬を迎える食材が多いです。

旬の食材を食べることは体にとってとてもいいことです。

 

ただ、体にいいからといっても食べ過ぎは禁物です!

今年は新型コロナウィルスの影響もあり、外出を控えていることで、太ってしまったと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ダイエットをするとき、食事、運動、睡眠を意識することが大事です。

今回は食事についてピックアップし、ダイエットをする時に大事な食習慣と、オススメの食品「オートミール」について紹介します。

 

バランスのとれた朝食で、消費カロリーは2割増し!

毎日忙しく、「少しでも長く寝ていたいから」と朝食を抜いていませんか?

 

体のリズムを整えるためには、朝日を浴びるといいとよく知られていますが、朝日を浴びるだけでは、全ての体のリズムは整えられていないのです。

 

全ての体のリズムを整えるためには、起床後2時間以内に朝食を食べる必要があるそうです。

 

なぜ、起床後2時間以内に朝食を食べる必要があるのかというと、私たちの体は「中枢時計遺伝子」「抹消時計遺伝子」の2つの時計遺伝子があり、この2つの時計遺伝子が同時にリセットされる必要があります

 

中枢時計遺伝子は朝日を浴びることで、抹消時計遺伝子は朝食を摂ることでリセットされます。

 

朝食を食べれば何でもいいというわけではなく、パンとコーヒーのような炭水化物だけの朝食では、抹消時計遺伝子はリセットされないので、朝食の意味をなしていないことになります。

 

炭水化物、タンパク質、ビタミン・ミネラルなど、バランスの取れた朝食を摂ることによって、抹消時計遺伝子はリセットされます。

 

香川靖雄著「食べる量が少ないのに太るのはなぜか」によると、朝日を浴び、バランスの取れた朝食を摂って体のリズムを整えた日と、そうでない日をくらべると、バランスの取れた朝食を摂った日の方がそうでない日に比べ、消費カロリーが2倍も高くなるとのことです。

 

 

バランスのとれた朝食を摂るなら、話題の食品「オートミール」がオススメ

バランスの取れた朝食を摂った方がいいということはわかったけど、朝食を作る時間を確保するのが難しいと思う方もいると思います。

 

そんな方にオススメなのが、「オートミール」

 

オートミールとは、オーツ麦(燕麦:えんばく)を食べやすく加工したものです。

 

殻を取り除いただけのものから、押麦の状態のようなもの、シリアルのように牛乳やヨーグルトをかけるだけで食べられるものなど、さまざまな状態のものがあります。

 

日本で主食として食べられる白米、未精米の玄米、そしてオートミールの栄養価について比較してみました。

※それぞれの栄養価は、slismで調べています。

 

カロリー 炭水化物 脂質 タンパク質 食物繊維
白米(100g) 168kcal 37.1g 0.3g 2.5g 0.3g
玄米(100g) 165kcal 35.6g 1.0g 2.8g 1.4g
オートミール(35g) 128kcal 22.0g 0.6g 5.3g 3.5g

※オートミールを100gとすると量が多くなるので、1食で食べられる35gとしています。

 

上記の表の通り、オートミールは白米と玄米に比べ、炭水化物と脂質が少なく、食物繊維やタンパク質を豊富に摂取できることがわかりますよね。

 

 

健康に配慮して安心して摂取できる、無添加オートミールの選び方

栄養面からも朝食にオススメなオートミールですが、どうせなら健康に配慮しながら、安心して摂取できるものを選びたいですよね。

 

そんな方には、無添加のオートミールをオススメします。

 

では、実際にどのように無添加のオートミールを選んだらいいのでしょうか?

 

オートミールを選ぶ時は、オートミールが原材料であるオーツ麦(燕麦)を食べやすく加工したものや、ほとんど加工を加えず胚芽や外皮の栄養まで取り入れられるものなど種類があります。

それぞれの用途に合わせた最適なオートミールを選びましょう。

ダイエットには、オーツ麦(燕麦)の粒を2〜3回にカットした製法で、胚芽や外皮がそのまま残っている「スティールカットオーツ」がオススメです
ミネラルや食物繊維が豊富で栄養価が非常に高くなっています。

 

出典:Amazon

 

オートミールを初めて食べるという方は、短時間でふやかしてリゾットのように食べることができる「インスタントオーツ」がオススメです。

蒸したオーツ麦(燕麦)をプレスして平らにし、水分や熱が通りやすくした「ロールドオーツ」を精製することで、胚芽や外皮を取り除いてあるので、他のオートミールより栄養素は少なくなります。

 

出典:MyProtein

 

最後に

1日の初めの朝食を食べるか食べないか、そして何を食べるかによって1日の消費カロリーが大きく変わることを知り、明日から私も実践して1日を充実したものにしたいと思いました。

 

ぜひ1日の始まりに朝日を浴び、朝食にはオートミールを取り入れ、充実した1日をお過ごしください。

 

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧