国内外のおすすめエシカルジュエリーブランド3選の紹介!

ファッション

「エシカル」×「ジュエリー」=社会貢献!

こんにちは、まりです。
私はジュエリーが大好きなのですが、最近気になっているのが
「エシカルジュエリー」です!!

エシカルジュエリーって、みなさんご存じですか?
とっても素敵なので、ぜひ紹介させていただけると嬉しいです。

新感覚?「エシカルジュエリー」ってなに?

エシカルジュエリーとは、どんなものか気になって調べてみました。
“Ethical(エシカル)とは、
「道徳的・倫理的」という意味で、人や自然を尊重する考え方です。

Ethical Jewelry(エシカルジュエリー)とは
人・社会・自然に配慮をして作られるジュエリーのことです。
貴金属や原石を採掘する人、職人、身に付ける人、みんなが喜びや誇りに満ちた生き方を送ることの出来る世界にしたい。

そのためには、ジュエリーの影に潜む紛争や児童労働、搾取、環境破壊といった〔負の連鎖〕ではなく、ジュエリーの背景にある素材の物語や、つくる人、つける人の想い、美しい自然を未来へつむいでゆくこと。”  というものです。

参考資料:エシカルであること|エシカルジュエリーEARTHRISE

実は、私たち20代〜30代に人気なんです!

これ、知っていましたか?

その理由は、現代の消費者たち、なかでも20~30代のいわゆる「ミレニアル世代」の消費者は、自分のお金を払って購入するプロダクトの製造プロセス自体を、手に取る商品そのものの価値と同じくらい重要視する傾向が強くなってきているためです。

たとえば、アパレルであれば製造にあたって児童の就労虐待がないか、食肉であれば不正な飼料の使用はないかなど、身につけるもの、体内に取り入れるものに対する意識はかつてなく高くなってきています。

だからこそ、エシカルジュエリーに対しても関心が強まっており、
人気もでてきているんですね。

参考資料

 

ちょっと待った!普通のジュエリーとはどう違うの?

ここまで「エシカルジュエリー 」を見てきましたが、そもそも普通のジュエリーとは何が違うの?と思う方は多いのではないでしょうか。

パッと見た目は同じに見えるかもしれません。
私は、「素材が作られる背景」に違いがあるのかなと考えています。

ジュエリーをつくるダイヤや宝石、金を採掘するときに、ジュエリーを作る鉱物が紛争の引き金になったり、鉱物を採掘するときや生産の過程において、不当に低賃金な労働や児童労働が存在している状況もあるのです。

私自身は、エシカルジュエリーについて知るまでは知らなかったのですが、ジュエリーが作られる背景にはこういったことも起こっているとのこと。
それと比較してエシカルジュエリーは、採掘から加工に至るまでの過程においても、自然環境への負荷を最小限に抑え、人権・社会に配慮した持続可能(サスティナブル)なモノづくりをしています。

現地での公平なビジネスチャンスにも繋がっているのです。
同じジュエリーを購入するのであれば、私は積極的にエシカルジュエリーを選んでいきたいと思います。

 

エシカルジュエリーブランドをご紹介!

私がおすすめしたいものは、こちらです!
どのブランドもネット・店舗両方で購入できるので、手に取りやすくて便利ですね。

実物を見たい時は、店舗に行って手にとってみるのもいいかもしれません。

◯EARTHRISE〔アースライズ〕
パキスタンを中心に、途上国を中心とした13カ国以上のエシカルな素材の開拓から、デザイン、制作までプロデュースされています。

2016年、パキスタンのスワート渓谷に宝石研磨工房”EARTHRISE Gems Studio”を設立し、女性の自立支援・教育支援を行なっています。
ブライダル(結婚指輪、婚約指輪など)、オーダーメイド/リメイクをご希望のお客様は、事前にメール、もしくはお電話にてご予約の上、なんと代表・デザイナー小幡星子さんがが直接オーダーのご相談を承ってくださいます。

*公式HP

*オンラインショップ*

◯HASUNA
日本の職人によるハンドメイドジュエリー。

産地のわかるエシカルダイヤモンド&ゴールドで作る結婚指輪、婚約指輪もあります。

*公式HP*

*オンラインショップ*

◯R ethical(アール・エシカル)
こちらも代官山で生まれた、日本のブランドです。
国際NGO、非営利団体や財団とコラボレーション、チャリティジュエリーを製作しています。

フェアマインド認証ゴールド K18YG、リサイクルプラチナも使われています。

*公式HP*

*オンラインショップ*

まとめ

エシカルジュエリーについて、いかがでしたか?
普段用、ブライダル用、いつも身につけているジュエリーのレパートリーに加えられそうですよね!
自分へのご褒美、大切なプレゼントなどにいかがですか?

PICK UP

関連記事一覧