• HOME
  • ライフスタイル
  • たった1つで簡単にできる!!環境に優しくてお得なマグネシウムで始める「エコ洗濯」

たった1つで簡単にできる!!環境に優しくてお得なマグネシウムで始める「エコ洗濯」

ライフスタイル

1つで環境やお財布にいいこと尽くし、これからの「洗濯」を「選択」しよう!

こんにちは。

 

平年よりもおそい梅雨が明け、本格的に夏に突入しました。

この時期になると、雨量不足による水不足の話をたまに耳にします。

今回は、kanatta libraryでこちらの記事を読んでいる時に、「テレワークで家にずっといると、思ってる以上に水使ってるよな・・・」と思いました。

 

 

限られた水資源を大切に使おうとしたときに、普段の生活の中でたくさんの水を使うのは、入浴と洗濯がかなり大きいのではないかと考えました。

今回は洗濯に着目して、エコな洗濯について調べている中で、インスタグラムで以下の投稿を見つけました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

みなも(@minamo_pu)がシェアした投稿

出典:instagram(minamo_puさん)

 

マグネシウムって洗剤に使えるんだと思い調べていくと、かなり環境に優しいということがわかったので、今回は「マグネシウム」を紹介していきます。

 

ただの水が洗剤に!マグネシウムの力!

最近、インスタグラムやブログでマグネシウムがエコな洗濯に良いということを目にしていたので、「何が良いんだろうか?」と気になり調べてみました。

調べた結果、マグネシウムの性質によるもとということがわかりました。

 

マグネシウムは水に触れると、化学反応で水素を発生させます。

発生した水素と水が混ざり合うことで、弱アルカリ性のアルカリイオン水に変化します。

アルカリイオン水は、洗濯物につく皮脂と結びつくことで、せっけんのようになるという特徴があるそうですね。

 

簡単に説明すると、マグネシウムを水の中に入れるだけで、水石鹸がつくられ洗濯物をきれいにしてくれるということです。

 

こんなにたくさん、知れば納得マグネシウムで洗濯するメリット!

 

 

マグネシウムを水に入れることで洗濯ができることはわかりました。

それでは、マグネシウムを使って洗濯をすることのメリットはどんなことがあるのでしょうか?

 

肌が弱いなど、市販の洗剤が肌に合わない方にも安心

市販の洗濯洗剤はしっかりとすすいでいても、洗剤が衣服に残ってしまいます。

衣服に残った洗剤が汗などで流れ出ることで、痒(かゆ)みなどの症状が出てしまうなど、乳児やアレルギーなどの肌が弱い方には、肌トラブルの原因となることも。

 

マグネシウムを使った洗濯では、アルカリ性の水で汚れを落とすので、洗剤が衣服に残るという心配がありません。

 

洗濯槽・配管がきれいに

洗濯に使う水をアルカリイオン水に変えているので、洗濯中に衣服と一緒に触れている洗濯槽や、排水ホースのカビや汚れまで、徐々にきれいにしてくれます。

 

すぐにきれいになるのではなく、毎日使用した場合、2〜3週間くらいできれいになるようです。

 

出典:宝商株式会社

 

部屋干しの嫌なにおい解消

マグネシウムを入れることによって作られたアルカリイオン水には、除菌作用があり、においの原因になる菌の発生・繁殖を防いでくれます。

 

梅雨や冬など、洗濯物が乾きにくく部屋干しを多くする機会には、におい対策になりそうですね。

 

節約になる

マグネシウムはインターネットで手軽に手に入れることができ、500gくらいのものなら2,000円程で手に入ります。

 

洗濯機の容量によって必要な使用量は変わりますが、正しくメンテナンスをすれば、1年くらい使用できます。

また、別途洗剤、柔軟剤、洗濯槽クリーナーなどを買う必要がなくなるので、お財布にもとても優しいです。

 

環境に優しい

洗剤や柔軟剤を使わなくなることで、洗濯による家庭排水が出なくなるので、環境にとても優しいです。

 

マグネシウムを使った洗濯のしかた

マグネシウムを使って洗濯するメリットがわかったので、実際にマグネシウムを使った洗濯のしかたを紹介します。

 

市販のマグネシウム洗剤ならお手軽に手に入りますが、実は自作することが簡単にできます!

コスト削減したい方は自作することをオススメします。

 

自作する時のマグネシウムの量ですが、市販のマグネシウム洗剤の販売元によると、6〜8Kg程度の洗濯物だと、マグネシウムは100gくらいあれば十分なようです。

もし使ってみて、足りないと感じるようでしたら、量を増やしてみてください。

 

作り方は簡単で、マグネシウム粒を洗濯ネットに入れるだけです。

あとは、洗濯をする時に洗濯物と一緒に入れて、いつも通り洗濯をするだけです。

 

出典:YOURMYSTAR STYLE

 

ここが大事!!正しい使い方を知って、エコな洗濯を

メリットもたくさんあり、簡単に使うことができるマグネシウムですが、安全に長く使い続けるために、注意点があるので紹介します。

 

塩素系漂白剤の使用は避ける

過酸化ナトリウムの酸素系漂白剤は一緒に使用できますが、塩素系漂白剤の使用は避けてください。

 

使用したマグネシウムは乾燥させる

マグネシウムは濡(ぬ)れていると、表面が酸化して黒くなってしまい、本来の効果が発揮されなくなってしまいます。

 

洗濯物と一緒に天日干しをして乾燥させてください。

 

お酢orクエン酸でメンテナンス

マグネシウムは繰り返し洗濯をしていると、表面に酸化膜ができてしまうことで、効果が弱まってしまいます。

 

天日干しと合わせて、5〜6倍に薄めたお酢かクエン酸につけてください。

 

最後に

今回は普段の洗濯の洗剤をマグネシウムに置き換えるとどうなるかを紹介しました。

 

普段の洗剤をマグネシウムに変えることで、経済的な部分はもちろん、環境面でのメリットを考えると、使わない理由がないなと感じています。限りある水資源を使い続けるためにも、身近にあるものを変えて、「エコな洗濯」を選択してみてはいかがでしょうか。

 

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
女性が輝くコミュニティ創りに興味がある方は、kanatta salonへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧