サチコさんが考える、エシカル生活のススメ

インタビュー

エシカル生活を送るサチコさんに独占取材しました

今回、YouTubeでエシカルな暮らしを発信しているサチコさんにインタビューをさせて頂きました。
インターンの現役大学生3名も参加し、和気あいあいと楽しみながらも、サチコさんの言葉にハッとさせられる瞬間もあり、とても有意義な取材時間となりました。

 

マスク越しでもみなさんの笑顔が伝わります♪右から2番目がサチコさん♪
 

サチコさんとは

サチコさんはもともと主婦をしながら、ハンドメイド作家としてアクセサリーなどを作っていました。
そんなサチコさんがエシカルな生活をYouTubeで発信するようになったきっかけは、なんと甥っ子さん。
「将来YouTuberになりたい」と、お正月に会う度に夢を語る甥っ子さんに影響を受け、サチコさんは甥っ子さんより一足先に行動をしました。

 

参考:サチコ slow living
 

エシカル生活を始めたきっかけ

「エシカルな生活」をするようになったきっかけは、東京への引っ越し。
転居先の部屋が狭い、物を減らさなきゃ、という流れからミニマリスト(必要最小限の持ち物で暮らす人)の動画を沢山観たそうです。
そこでサチコさんは、日本と海外のミニマリストには大きな違いがあることに気付きました。
日本のミニマリストは1セットだけしか食器を持たないなど、極限まで物を捨てる人が多い反面、海外では

環境のために無駄なものを使わないようにする

という意図を持ったミニマリストが多かった様です。
 

 

そこでサチコさんは、ただ捨てるだけではなく、もっと環境に関して出来ることを知りたいと思うようになり、エシカルやサスティナブルという言葉を意識するようになりました。
 

エシカル生活『実践編』おススメポイント2つ

サチコさんに、初心者でもすぐに実践出来るエシカルのおススメポイントを2つ聞いてみました。
 

◆古着を買う

今、新品のエシカルファッションも注目を浴びていますが、オシャレが好きで服が沢山欲しい人には古着がおすすめだそう。
古着と言っても、着古されているものは少なく、何より安いのが魅力的です。

 

参考:サチコ slow living
 

◆ベランダ菜園

コロナの自粛期間でベランダ菜園が流行っていますが、緑を育てることで癒しを得られるし、採れたての野菜は無農薬かつ、パッケージフリー(野菜を包んでいるビニール袋が無い)なのでゴミも出ない。

 

 

どちらもすぐに実践出来そうですね!
アプリなどでも古着の購入が出来ますし、意外とエシカル生活を実践している人も多いかもしれませんね。
 

エシカル生活を続けていく時に大事なことは?

エシカル生活を実践するなら、一時的ではなく習慣化していけたらいいですよね。
そのためにサチコさんが大事にしていることを2つ教えて頂きました。
 

 

◆無理をしない

サチコさんは、ミニマリズムからエシカルな生活に変えようとした時に
「この原料にもプラスチックが入っている!今日もこんなにプラスチックのゴミを出してしまった!」
などとヒステリックになったことがあったそうです。そんな時に旦那様から

出来てないところに注目したらきりがないから
出来たところは良し!とすればいいんじゃない。

と言ってもらい、すごく気が楽になったそうです。
 

◆楽しむ

2つ目は「楽しむ」こと。
何かを習慣化しようと思ったら、苦しいことってどうしても続かないですよね。

完璧じゃなくていい、無理せず、楽しく続けていくこと

 

 

それが大事だそうです。
ちなみに、家族と一緒に住んでいる人は家族にまでエシカルな生活を強要しないことも大事。自分が楽しそうにエシカル生活を送る。それを見て家族が真似してくれたらラッキーくらいの感覚でいた方がいいそうです。
 

エシカルについて、伝えたいこと

◆心に響く情報を伝えたい

ゴミを減らしたり、ヴィーガンな食生活だったり、エシカルな生活を発信するだけでなく、そもそもこの生活は何のためにやっているのか。目的の根元にある情報を配信していきたいそうです。
 

 

痛んでいる地球、絶滅しそうな動物、どこかの国で働いている5歳の子供、悲しい現実を知ることで、人は守りたいという気持ちになる。

自分自身がそうだったので、しっかり心に響く情報を伝えていきたい。
 

◆若い人たちへメッセージ

私は、若い人たちのほうがエコやエシカルに熱心だと思っています。
むしろ、私たちやもっと上の世代の人たちがやってきた環境汚染の尻ぬぐいを若い人たちがやっていかなきゃいけないので申し訳無いです。
 

 

言えるとしたら、社会人になると学生の時よりも自由になる時間が減ってしまうので、今のうちに今の地球環境について見聞を広げた方がいいかもしれない。
人生は楽観的な方が生きやすいけど、環境だけは悲観的に予測したほうがいいので。。。!
 

まとめ

取材を通して感じたことは、サチコさんは未来を悲観的に捉えた上で、未来をよくするために今の生活を明るく楽しく過ごされているということでした。

 

 

エシカルな生活を100%完璧に出来る人が世界に10人いるよりも
レジ袋を貰わない人が世界に何億人もいる、その方が未来は明るい。

自分と同じように無理せず頑張る人をちょっとずつでも増やしていけたらいい。
そう話していたサチコさんに、私はこの場で報告します。

昨日、買ってきた青ネギの根っこを捨てずに水につけて窓辺での菜園をスタートさせました!

 

 

私自身、出来ることを少しずつ無理せず楽しく続けていきます。

そしてkanatta libraryでも、エシカルな生活をやってみよう!と行動する人が少しでも増えるように、今後も様々な情報を配信していきます。

 

サチコさんのことをもっと知りたい方はサチコさんのSNS情報を以下にまとめましたので、是非アクセスしてみて下さい!

YouTube:
https://www.youtube.com/c/sachicomy/about

Instagram:
https://www.instagram.com/sachicomy/

Twitter:
https://twitter.com/sachicomy/

Online Store:
https://slow.sachi.co/

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
女性が輝くコミュニティ創りに興味がある方は、kanatta salonへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧