食器の常識が変わる?サステイナブルな食器ブランド「WASARA」の魅力に迫る!

ライフスタイル

まさにエコ!これからの紙容器は「WASARA」=「和の皿」

自宅で女子会やパーティをやる時、終わった後のお皿の片付けがかなり大変ですよね。

楽しんだ後だからこそ、余計にお皿洗いが億劫(おっくう)になる。

 

そんな時におすすめなのが、今回ご紹介する「WASARA」です。

 

出典:環境に優しく美しい紙の器 W A S A R A

 

使い捨て出来るオシャレな紙皿「WASARA」は、2010年にグッドデザイン賞を受賞し『CREA』など数々の雑誌でも取り上げられている今大注目のお皿です。

 

そもそも「WASARA」ってどんなブランドなの?

「WASARA」は料理を美しく引き立たせたいという思いから生まれた、紙の器です。

ブランド名の「WASARA」には「和の皿」という意味以外にもWA( 和 /  輪 / 環)SARA( 皿 / 更 / 新)といった「循環する」「まっさら」などの意味も込められています。

 

コンセプトは、サステイナブル(持続可能)であること。

 

使い捨ての紙皿はサステイナブル(サスティナブル)とは対極にあるように思えますが、「WASARA」は自然と共存するという価値観のもと作られています。

参考:環境に優しく美しい紙の器 W A S A R A

 

出典:WASARAお試しセットB – WASARA-ワサラ公式オンラインショップ

 

では、他の紙皿とは何が違うのでしょうか。

 

エコも両立!多彩な「WASARA」の食器たちをご紹介!

それでは、「WASARA」の特徴について紹介していきましょう。

 

◆環境に優しい

「WASARA」は土に還る素材で作られています。

原料は竹とバガス(さとうきびの繊維)。木は育つまでに長い年月が必要になりますが、竹は成長速度が早く生命力も強い植物なので、紙の原料として枯渇の心配がありません。

バガスは、さとうきびから砂糖の原液を搾ったあとの搾りかすなので、竹やバガスを原料とした「WASARA」は環境に優しいと言えます。また、土に還ったときに有毒成分も残らない点からも、自然へと循環するお皿だと言えます。

 

出典:環境に優しく美しい紙の器 W A S A R A

 

◆オシャレで種類も豊富

一般的な紙皿とは違い「WASARA」は、流麗なフォルム、和紙のような質感、手の曲線に基づいて考えられた持ちやすさなど、全て計算し尽くされています。

種類が豊富なので今回はピックアップしてご紹介します。

 

◇角皿(中)

手で持ちやすく、お料理の盛り付けが楽しくなる角皿です。

6枚入 550円(税込)

出典:角皿(中) – WASARA-ワサラ公式オンラインショップ

 

◇コンポート

底が深いのでスープや麺類などのお料理にも使えます。

 

6個入 704円(税込)

出典:コンポート – WASARA-ワサラ公式オンラインショップ

 

◇コーヒーカップ

飲み物以外、ちょっとしたデザートの盛り付けにも使えるデザインです。

 

6個入 660 円(税込)

出典:コーヒーカップ – WASARA-ワサラ公式オンラインショップ

 

◇お試しセットA

ご自宅のパーティ用にまずは使ってみたいという方におすすめです。ただし、こちらの商品はお1人様1回のみの注文に限るそうです。

 

角皿(小・中・大・特大)、丸皿(小・中・大)、wasara皿、長角皿 660 円(税込)

出典:WASARAお試しセットA – WASARA-ワサラ公式オンラインショップ

 

正直、このクオリティでこのお値段は想像以上に安い、と思いました。

他にもワイングラスや、竹製のフォーク、パーティセットなど沢山の種類があるので気になる方はぜひ公式サイトをご覧下さい。

 

WASARA公式オンラインショップ:https://www.wasara-shop.jp/

 

活用例

では、実際にどのようなところで「WASARA」が使われているか見てみましょう。

自宅のパーティだけでなく「WASARA」は色々なシーンで活用されています。

 

◆バーベキュー

江東区豊洲の屋外型レストラン「CITABRIA BAY PARK Grill&Bar」

お料理の一部が「WASARA」で提供されています。

東京湾の夜景を眺めながら、素敵なお皿でバーベキューが楽しめたら最高ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

WASARA Official Instagram(@wasaraofficial)がシェアした投稿

出典:WASARA Instagram

 

◆お家で楽しむフレンチのフルコース

鹿児島県霧島市・ホテル京セラでは、自宅でフレンチのフルコースが楽しめる「お家deフレンチ気分」の提供を行っています。

片付けを気にすることなく、お家で本格フレンチの味が楽しめるのは「WASARA」があってこそですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

WASARA Official Instagram(@wasaraofficial)がシェアした投稿

出典:WASARA Instagram

 

◆ジェラート

広島空港3Fのfoo CHOCOLATERSでは、3種類のジェラートを提供する際に「WASARA」の「猪口」と「竹スプーン」が使われています。

プラスチックではない竹スプーンで頂くジェラートは口当たりが違います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

WASARA Official Instagram(@wasaraofficial)がシェアした投稿

出典:WASARA Instagram 

 

◆パーティ

フォルクスワーゲングループジャパンがプレス発表会で出張料理サービス「PRIME CHEF」を提供。お料理のコンセプトが「サステイナブル」ということで、お皿も「サステイナブル」な「WASARA」が使用されました。

紙皿のクオリティを越えた「WASARA」だからこそお料理も引き立ちます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

WASARA Official Instagram(@wasaraofficial)がシェアした投稿

出典:WASARA Instagram 

 

まとめ

地球にやさしいものを目指すと、素材重視で見た目はイマイチになる傾向があります。

その前提を「WASARA」は塗り替えてくれました。

 

地球にやさしく、人にもやさしく、さらに人の心をワクワクさせる

 

それが「WASARA」の器だと感じました。

これだけのクオリティのお皿が完成するまでには沢山の試行錯誤が重ねられたそうです。

努力と愛情の詰まった「WASARA」を、是非お家で使ってみませんか。

 

出典:環境に優しく美しい紙の器 W A S A R A

 

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
女性が輝くコミュニティ創りに興味がある方は、kanatta salonへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧