• HOME
  • ビューティ
  • サスティナブルなバスタイムを!今話題のウォーターレスアメニティを使うメリットとは!

サスティナブルなバスタイムを!今話題のウォーターレスアメニティを使うメリットとは!

ビューティ

ウォーターレスアメニティで、家でも外でも手軽に肌ケアができる!

 

ウォーターレスアメニティを使うことがどうしてサスティナブルにつながるの?

日本では蛇口をひねれば、水が出るのが当たり前かと思います。
しかし、水の消費量は第二次世界大戦以降、世界規模で2倍に跳ね上がっているのはご存知でしょうか?
そして現在も年1%ずつ増大しており、世界人口の3分の1にあたる約24億人が水不足とも言われています。

2015年に策定されたSDGsでの重要項目にも、水不足について書かれています。
参考:ユニセフの主な活動分野|水と衛生

そこで水不足の解消法として注目されているのが、化粧品のウォーターレスへの取り組みです。
今までは化粧品の成分の半分以上は水で出来ているものが多かったですが、最近では水を使わないウォーターレスの製品も増えてきています。
ウォーターレス化粧品の製造で今まで利用されていた水の量を減らすことが出来て、サスティナブルへの貢献に繋がっていくのです。

また、今までは水分の多い化粧品はプラスチック容器に入っていることがほとんどだったと思いますが、ウォーターレスにすることで固形になり、今まで使用していたパッケージも簡素化することが出来て、プラスチックの利用量も減らすことが出来ます。

水を使わなくてもクオリティが高いアメニティグッズ!

ウォーターレスにすることで、化粧品の効果が落ちるのではないのか?
保湿力は保たれるのか?と思う方もいるかもしれませんが、
実は、ウォーターレスにすることで、保存料を用いずに原材料をシンプルにアイテム内に留めることが可能になっていると言われています。

化粧品に使用されることの多いビタミンCなどの有効成分は、水と長時間混ざり合うことでその効果が薄れると言われています。
しかし、ウォーターレス製品の場合は、使用時に消費者が水と混ぜるため、効果が薄れることがなく、使用時にそのままの成分が肌に届きやすいのです。

また、水は長期間保存しておくと雑菌が入りやすいため防腐剤が含まれていることが多いのですが、ウォーターレスは文字どおり水を使用していないため長期間の保存もできるというメリットがあります。

参考:ウォーターレスは美容業界、トイレタリーの新トレンド。そのメリットを探る

ウォーターレス アメニティの商品を紹介

では実際にどんな商品があるのかご紹介したいと思います!

neo-natural(ネオナチュラル)

ヒーリングローション(化粧水) 120mL 3,245円(税込)


出典:ヒーリングローションについて

“9種の植物エキスからなる化粧水で、自然から生まれた良質な水分で肌を満たすことで、肌の根幹的な仕組を支えます。
デリケートな肌への心地よさを考え、防腐剤や合成界面活性剤はもちろん、水一滴さえも使用していません。”

公式HP

NUNC(ヌンク)

バランシングトナー 5,060円(税込)


出典:バランシングトナー

国産オーガニック・スキンケアブランドです。
農薬や化学肥料を一切使わない宮古島の最良質なアロエベラをベースに、水(精製水)も使わずに製造されています。
五感に働きかける香りは南フランス「グラース」の専任調香師がアロマセラピストとともに、心地よい魅力に満ちた香りが女性に人気です。

公式HP

YOSEIDO(ヨセイドウ)

「YST 保湿液(さっぱり)」150mL 3,200円(税別)

出典:YOSEIDO

水を一切使用せずに、天然白樺樹液 100%(保湿成分)のさっぱりとしていて、
女性、男性どちらも使いやすい化粧水です。

公式HP

まとめ

ウォーターレスの化粧品、みなさんご存知でしたか?
2020年以降も、SDGsとともにさらに注目されていく製品になっていきそうですね。
今までの化粧品よりも価格は高く感じる商品も多いかもしれませんが、1つ買うことで長く使えたり、その分のゴミを減らすことが出来ます。
また、旅行や外出時に化粧品をすべて持っていくのは量が多くなりがちですが、ウォーターレスの固形商品なら小分けにして持ち運びが出来るので女性には嬉しいですね。

ぜひ、ウォーターレスアメニティで
サスティナブルな生活にしてみてはいかがでしょうか?

あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta libraryは「株式会社Kanatta」が運営するキュレーションサイトです。

SDGs、エシカルについて、まずは知ることから始めたい方は、このkanatta libraryを、
最新情報を知りたい、また、ご自身で情報発信したり、情報交換していきたい方は、Facebookコミュニティへ、
女性が輝くコミュニティ創りに興味がある方は、kanatta salonへ、
この記事をきっかけに、少しでも「株式会社Kanatta」に興味を持たれた方、活動してみたい方は是非チェックしてみてください。

PICK UP

関連記事一覧