• HOME
  • フード
  • 【簡単★】家にあるもので作れるドレッシング作り&アレンジ料理を学ぶ♪kanatta salonレポート

【簡単★】家にあるもので作れるドレッシング作り&アレンジ料理を学ぶ♪kanatta salonレポート

フード
あなたの「かなえたい」を応援するメディア、kanatta-libraryは、女性が輝けるしくみとコミュニティを提供する「株式会社Kanatta」のキュレーションサイトです。
注目のイベント情報、SDGs・エシカルといったホットなテーマの最新情報など、あなたのゆめを「Kanatta」にする情報をお届けします。

こんにちは。

先日「kanatta salon 女子会×ダイエット×勉強会」というイベントを開催しました。

今回はオーガニックフード、食育をテーマにしています。

冷蔵庫にある食材で作る、簡単オーガニックサラダ、ドレッシングについて、
横山先生から2時間4人1グループの実践形式で勉強会をしました。

その模様をレポートします!

プロフィール 横山あゆみ先生
・服部栄養専門学校を卒業
・ビストロな番組の料理アシスタント
・食わず嫌いな番組の料理アシスタント
・現在は独立し、家事代行サービスを行っています。

料理学校に入ったきっかけとは?

横山先生が料理学校に入ったきっかけから、なぜ食育について興味を持ったのかを、自身のキャリアとして進んできた道を紐解くように話して下さいました。

横山先生:ジェンダー平等と言いますが、料理学校に入ったきっかけは、行きたかったホテルを落ちたこと!
落ちた理由は、男性しか入れないからでした。

料理業界は、男性のものという風潮があって、男性の方が味覚の変化がないためとされていました。女性には周期で味覚が変わるからです。

パティシエに女性が多いのは、分量が決まっていて、味見も完成系で、繊細さが必要になってくるために女性の方が向いているとされています。

今は家事代行サービスをやらせて頂いており、食事の面ら家庭のサポトをするお手伝いが出来たらと思ってやっています。

知っているようで知らない食育について学ぶ♪

横山先生は言いました。

「元々、教育としては『知育・道徳・体育』の3つでした。今では、新しく食育が入っています。」

食育についての座学がはじまりました。

先生の経験からのお話を聞きながら、意外と知らない食育について学びました。

最近増えている、「こしょく」

こしょくには2つあって、一人で食べる『孤食』と、1つのものしか食べない『個食』があることを知りました。

食べ方以前に、今は野菜からとれる栄養素が減っています。それ以外のもので取ることが増えていることによって、様々なところで影響が出ていることも、知っていたけど、そこまで重要視してきませんでした。

外食が増えていることによって、子どもたちの味覚へ与える影響が大きいことも知りました。敏感な味覚を持つ子どもたちにとって、外食は味が濃すぎることを多くの大人は知らずに良れと思って食べさせているようです。

「味覚は成長するにつれて変わって行くものですが、小さい時の記憶や、小さい時に食べた味は忘れないものなので、幼い頃の食生活が大事なんです。」と横山先生はおっしゃいました。

小さい時から良い食べ物に触れることが大事だとわかりますが、では、どういうものが良いの判別がつないと感じていましたが、
それが単純に「知らない、知識がない」だけということにも気づきました。

また、食事の構成のポイントを細かく教えていただいたり、「1人暮らしで料理をするときに何を求めますか?」など、来ている人たちを見て問いかけ、教えていただきました。

座学で食育について学び、わかったところで、じゃあどうしたらいいのか!そんな疑問を解消するような、実習のカリキュラムに移りました。

実践!簡単ドレッシングづくり!

ワークショップでは、3種類のドレッシング作りをしました。種類は、レモンドレッシング,和風ドレッシング,中華ドレッシングです。

材料も家にあるものでそろっていて、
塩,レモン,オリーブオイル,醤油,酢,サラダ油でしたが、それを基本的には、1:1で合わせていきます。

 

ドレッシングって分量とかいろいろ混ぜたりして難しいと思っていたのですが、そうではなくかけて混ぜるだけで美味しいサラダができたことに感動を覚えました。

これだったら誰でもできると思いました!

ドレッシングをかけた野菜とともに、準備して頂いていた様々な野菜のお浸しや、即席でアレンジ料理も間近で見せて頂きながらひたすら実食しました。

どれも本当に美味しくて、手が止まりませんでした。
1週間分の野菜を1食で食べたかのような満足感でした。

いただきます!とごちそうさま!

エレン農法のお野菜がとっても美味しかったんです!
河千田さんから提供していただき、新鮮なお野菜をたくさんいただきました。

丁寧に育てていただいた野菜たちは本当に新鮮で美味しかったです!
見た目も色鮮やかで、味は少し土の味がするくらいしっかり味わえました。

「命を頂いて、それが自分の命になる!!!」

食べる前には必ず『いただきます!』と手を合わせます!!!
これは食育でも非常に大事なことで、頂くものに感謝の気持ちを忘れてはいけないなと改めて感じました。

最後に

今回の講座で感じたことは、「食べることは楽しい」です。

誰かと一緒に食べること、思い出を共有したりすることで、たくさんの価値が生まれるなと感じました。

はじめて会った人たちと同じものを食べて「美味しいね」と微笑みあえることって幸せそのものでした。

食べることは生きることに直結していますし、これからもずっと続いていくことです。

美味しいものは、誰かと食べたいと思いますし、美味しいものを一緒に食べた人はもう仲良しです。

次回のkanatta salonは、10月19日(土)に「ダイエット」をテーマに開催されます。是非チェックしてみてください。

では次回のレポもお楽しみに!

PICK UP

関連記事一覧